[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【一問一答】井岡一翔、快挙後の涙は「相当な重圧あった」 今後は「海外の王者と戦いたい」

第1子が今秋誕生予定「チャンピオンとして迎えてあげたかった」

――ここまでの日々を振り返って。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

「明日のことを考えず、今日チームでやっていることを全力でやっていこうと。わかりやすく証明するには、これしかない。応援してもらう人に井岡は違うなって思わせたかった。なんか、試合前からいろんな感情がこみあげて、泣きそうになるじゃないけど、奮い立つものがあった。追い詰められて。でも、好きなことやっているし、リングに立てることに幸せを持って、感謝の気持ちを持っていった。久しぶりに日本で試合をして、高ぶるものがありました」

――負ければ引退の可能性もあった。

「そんなこと考えてなかった。勝つ選択しかなかった。大事なところ、さらにスキルアップしないといけないところがわかりました。成長しないと勝っていけない。勝つためにも成長していかないといけない。階級を上げて世界チャンピオンになるって、自分でもよくやったなと。新たな歴史を刻んだ」

――今後は。

「死に物狂いでこのタイトルを取ったので、このWBOのベルトをチケットにして、海外のチャンピオンと戦いたい」

――やりたい相手は。

「強いて言えばエストラーダ。ずっと近いところにいるし、メキシコで人気だし、米国でも人気だし」

――秋には第1子も生まれる。

「生まれてくる前にチャンピオンとして迎えてあげたかった。入籍は? まだです。近々? はい」

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)


W-ANS


1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集