[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

死闘続きの錦織、余力あるナダルを破れるか 対照的な勝ち上がり「…頑張ります」

テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は4日、男子シングルス準々決勝が“行われる。2年ぶり3度目の8強入りを果たした第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は、同2位のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦。これまで対戦成績2勝10敗と大きく負け越している相手を突破し、初の4強入りを目指す。

全仏オープン準々決勝で対戦するナダル(左)と錦織【写真:Getty Images】
全仏オープン準々決勝で対戦するナダル(左)と錦織【写真:Getty Images】

2戦連続フルセットの錦織に対し、ナダルは今大会落としたセットは「1」

 テニスの4大大会・全仏オープン(テレビ東京系で地上波独占放送)は4日、男子シングルス準々決勝が“行われる。2年ぶり3度目の8強入りを果たした第7シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は、同2位のラファエル・ナダル(スペイン)と対戦。これまで対戦成績2勝10敗と大きく負け越している相手を突破し、初の4強入りを目指す。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 2日がかりの死闘を制して迎える今日、錦織がまもなく“帝王”との対戦を迎える。ナダルは全仏制覇11度の記録を持つクレーコートの魔術師。錦織も「クレーでは一番強い選手ですし、全仏では驚異的な記録を持っている。一番タフな相手ではありますね」と警戒する。

 今大会の歩みも、両者はまったく対照的だ。錦織は1回戦のアリス戦こそストレート勝ちしたが、2回戦のツォンガ戦では4セットを戦い、3回戦のジェレ、4回戦のペール戦では、いずれもフルセット、約4時間の熱戦を繰り広げた。一方のナダルは3回戦のゴフィン戦で1セットを失ったが、これが唯一落としたセット。気力、体力の両面で、ナダルに余力がありそうだ。

 準々決勝進出を決めた後、ナダルについて「崩すのがすごく難しい。ディフェンスもあるし、やっぱり浅いボールがいくと怖さのある選手」と語った錦織は、少し間を置いて「……頑張ります」と話した。錦織に不利な条件が多いが、ここまで見せてきた粘り強さで勝機を見いだしたい。

 錦織とナダルの勝者は、準決勝でロジャー・フェデラー(スイス)とスタン・ワウリンカ(スイス)の同郷対決を制した者と戦うことになる。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集