[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

珍しい3ピリオド制の少年サッカー Vチームの指揮官が「チーム力が上がる」と語る理由

「JA全農杯チビリンピック2019全国小学生選抜サッカー大会」は5日に最終日を迎え、決勝戦はセンアーノ神戸ジュニア(関西・兵庫)が、PK戦の末にディアブロッサ高田FCU-12(関西・奈良)との関西勢対決を制して初優勝を飾った。

優勝したセンアーノ神戸ジュニア【写真:平野貴也】
優勝したセンアーノ神戸ジュニア【写真:平野貴也】

センアーノ神戸が関西対決を制して初優勝

「JA全農杯チビリンピック2019全国小学生選抜サッカー大会」は5日に最終日を迎え、決勝戦はセンアーノ神戸ジュニア(関西・兵庫)が、PK戦の末にディアブロッサ高田FCU-12(関西・奈良)との関西勢対決を制して初優勝を飾った。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 同大会は、全国9ブロックの予選を勝ち上がった16チームが出場。全日本U-12サッカー選手権大会(旧大会名:全日本少年サッカー大会)と同じ8人制だが、前・後半ではなく、12分3ピリオド制(試合時間36分)で行われるのが特徴だ。第1ピリオドと第2ピリオドでは、全選手が交代しなければならない。決勝戦は、ピリオド毎にペースが変わった。第1ピリオドは、ディアブロッサ高田FCのペースだった。前線の増田斗輝君(6年生)のシュートの跳ね返りに反応した片山稜翼君(6年生)のミドルシュートで先制した。

 しかし、第2ピリオドは、主力を多く配したセンアーノ神戸がペースをばん回。勢いをつけて臨んだ第3ピリオドは一進一退となったが、センアーノ神戸の深江翔太君(6年生)が右足で強烈なミドルシュートを放ち、相手GKの手を弾いてゴール。試合終了間際で追いついた。起死回生の同点弾を決めた深江君は、長友佑都(ガラタサライ)に憧れるDF。「とにかく1点を取らなければと思って、強い気持ちでシュートを打った。日産スタジアムのピッチで、練習してきた成果を出せて良かった。負けている状況で、自分がゴールを決めて、チームに貢献できたのが嬉しい」と手ごたえを語った。

 延長戦は、両チームとも得点が生まれず、勝敗はPK戦にもつれ込んだ。ディアブロッサ高田FCは、1人目がGKに止められ、2人目はクロスバーに嫌われて続けて失敗。センアーノ神戸は、2人連続で成功し、PK戦2-0で決着がついた。GK亀田大河君(6年生)は「PKは、とにかく前向きな気持ちで臨んで、狙い通りに止められて良かった。選手の総入れ替えがあって、みんなで協力して試合をできる大会。みんなで楽しめた」と笑顔を見せた。父の転勤により英国に引っ越したクリストファーズ玲生ウィリアム君(6年生)も一時帰国して臨んだ大会で、見事に日本一に輝いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集