[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

死角なし? 「カネロの倒し方」を米特集、名トレーナー8人が持論「明らかなのは…」

ボクシングにおいて、世界最強の呼び声も高い“カネロ”こと、WBAスーパー&WBCのミドル級統一王者サウル・アルバレス(メキシコ)。4日(日本時間5日)にはIBF世界王者ダニエル・ジェイコブス(米国)とのミドル級王座統一戦に挑む。54戦51勝の最強王者に死角はあるのか。ジェイコブスの母国、米スポーツ専門局「ESPN」は「カネロの倒し方」と題し、ボクシング界の名トレーナーに独自の攻略法を直撃するという企画を展開している。

カネロ・アルバレス【写真:Getty Images】
カネロ・アルバレス【写真:Getty Images】

死角はあるのか、週末のカネロ―ジェイコブス戦を前にESPNが特集

 ボクシングにおいて、世界最強の呼び声も高い“カネロ”こと、WBAスーパー&WBCのミドル級統一王者サウル・アルバレス(メキシコ)。4日(日本時間5日)にはIBF世界王者ダニエル・ジェイコブス(米国)とのミドル級王座統一戦に挑む。54戦51勝の最強王者に死角はあるのか。ジェイコブスの母国、米スポーツ専門局「ESPN」は「カネロの倒し方」と題し、ボクシング界の名トレーナーに独自の攻略法を直撃するという企画を展開している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 8人登場した名トレーナーの冒頭に取り上げられたのは、かつてマニー・パッキャオ(フィリピン)らを育てたフレディ・ローチ氏だ。同氏は「ジェイコブスにはリーチの優位性があり、彼はとても良いボクサーだ。この試合ではジェイコブスはより攻撃的に行かなければいけない」と指摘した。

 その上で「私だったら、カネロをロープに追い詰め、彼を後退させるだろう。なぜならカネロはとても強い男だからだ。間違いなくインサイドはカネロに分がある」と分析。一方、ジェイコブスの課題を挙げているのは元WBA・IBF統一世界ヘビー級王者のマイケル・モーラー(米国)らを育てたテディ・アトラス氏だ。

「明らかなのは、ジェイコブスはレンジをコントロールしなければいけないということ。アウトサイドでは圧倒しなければいけない。足を使い、ジャブを打って、スマートにファイトしなければいけない」とカネロと対峙する上で注意点を挙げながら、ジェイコブスの傾向について言及している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集