[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベとトゥクタミシェワの差はどこに? 投票で「19:7」の大差がついた意外な理由

ロシアスケート連盟は27日、3月のフィギュアスケート世界選手権(埼玉)の女子代表3選手を発表。アリーナ・ザギトワ、ソフィア・サモドゥロワ、エフゲニア・メドベージェワに決まった。代表選手の3枠目を決めるロシア連盟のコーチ評議会の投票ではメドベージェワが19票を集めたのに対して、対抗馬と見られていたエリザベータ・トゥクタミシェワは7票にとどまり、スタニスラワ・コンスタンチノワとともに補欠となった。なぜこうまで差がついたのか――。現地メディアが特集している。

メドベージェワ(左)とトゥクタミシェワ【写真:Getty Images】
メドベージェワ(左)とトゥクタミシェワ【写真:Getty Images】

コーチ評議会の投票では「19:7」でメドベが圧倒的支持、現地メディアが理由に迫る

 ロシアスケート連盟は27日、3月のフィギュアスケート世界選手権(埼玉)の女子代表3選手を発表。アリーナ・ザギトワ、ソフィア・サモドゥロワ、エフゲニア・メドベージェワに決まった。代表選手の3枠目を決めるロシア連盟のコーチ評議会の投票ではメドベージェワが19票を集めたのに対して、対抗馬と見られていたエリザベータ・トゥクタミシェワは7票にとどまり、スタニスラワ・コンスタンチノワとともに補欠となった。なぜこうまで差がついたのか――。現地メディアが特集している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 メドベージェワとトゥクタミシェワの差はどこにあったのか。ロシアメディア「aif.ru」は「メドベージェワにとっての奇跡。なぜ、トゥクタミシェワではなく彼女が日本に行くのか?」と題して記事を展開している。

「19:7――世界選手権の3番目の代表選手を決めるコーチ評議会の投票でなぜそんな大差でメドベージェワはトゥクタミシェワに勝ったのか? 1か月前はこのような結果は誰も信じられなかった」

 記事では今季のグランプリ(GP)シリーズで表彰台に上がったのはスケートカナダの銅メダルだけ。そこではトゥクタミシェワが優勝を飾っていた。GPファイナルには出場できず、ロシア選手権では7位で欧州選手権の出場も逃していた、今季のメドベージェワの成績を振り返り、「ハッピーエンドを信じていたとしたら、ジェーニャ(メドベージェワの愛称)本人だけだろう」と言及している。

 その上でロシア杯ファイナルでの優勝を“小さな奇跡”と表現。「メドベージェワはフリーで転倒があったのに彼女は優勝した。トゥクタミシェワも(SPで)トリプルアクセルで失敗したからだ」。その結果、2人の得点の差はたった1.71点で、現在の採点方法においては、半回転の回転不足や着氷の乱れで覆る、ほんのわずかな差だとしている。だがそのわずかな差で勝ち取った勝利が「メドベージェワに有利に働いた」と分析している。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集