[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀、“第2の桐生”の快記録に刺激「こっちも負けてられない」

陸上の全国高校総体・近畿地区予選の男子100メートル決勝で宮本大輔(洛南高)が10秒23(追い風0.6メートル)で大会2連覇を達成。18歳の有望株が高校歴代3位タイの好記録を叩き出したことを受け、高校の先輩・桐生祥秀(東洋大)は「後輩の勢いにこっちも負けてられませんね!!」と自身のツイッターに投稿。刺激を受けている様子を明かした。

全国高校総体・近畿地区予選、洛南高の宮本が高校歴代3位の10秒23を記録

 陸上の全国高校総体・近畿地区予選の男子100メートル決勝で宮本大輔(洛南高)が10秒23(追い風0.6メートル)で大会2連覇を達成。18歳の有望株が高校歴代3位タイの好記録を叩き出したことを受け、高校の先輩・桐生祥秀(東洋大)は「後輩の勢いにこっちも負けてられませんね!!」と自身のツイッターに投稿。刺激を受けている様子を明かした。

 宮本は周陽中時代に10秒56の中学記録を樹立。2016年には、2年生ながら高校総体で優勝(10秒49、向かい風1.1メートル)し、“第2の桐生”と呼ばれた逸材だ。16日に行われた今年の高校総体・近畿地区予選の男子100メートル決勝では、自己ベストを0秒08縮める10秒23を叩き出し、大会2連覇を果たした。

 タイムは、高校では10秒01の桐生祥秀(現東洋大)、10秒22のサニブラウン・ハキーム(現東京陸協)に次ぐ好記録。宮本はレース後、ツイッターで「高校歴代3位タイ&U20日本歴代3位タイは素直に嬉しかったです!」と投稿。喜びを表した一方、大会記録の10秒17を更新ならず、「少し悔しかったです!」と胸中を明かした。

 これに反応したのが、陸上界の偉大な先輩たちだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集