[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベVSトゥクタミシェワ― 日本行きかけた三つ巴に現地注目「切符めぐる戦い」

 フィギュアスケートのロシア杯ファイナル、女子ショートプログラム(SP)は21日に行われる。世界選手権のロシア代表はまだ決まっておらず、今大会に出場する平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワにも出場の可能性を残していたが、一方でエリザベータ・トゥクタミシェワも今大会に参戦することが決定。ロシア代表の残る1枠を巡って、熾烈な争いが展開されそうだ。現地メディアが報じている。

左からトゥクタミシェワ、メドベージェワ【写真:Getty Images】
左からトゥクタミシェワ、メドベージェワ【写真:Getty Images】

ロシア杯ファイナルで豪華対決が実現

 フィギュアスケートのロシア杯ファイナル、女子ショートプログラム(SP)は21日に行われる。世界選手権のロシア代表はまだ決まっておらず、今大会に出場する平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワも出場の可能性を残していたが、一方でエリザベータ・トゥクタミシェワも今大会に参戦することが決定。ロシア代表の残る1枠を巡って、熾烈な争いが展開されそうだ。現地メディアが報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 3月に埼玉で行われる世界選手権。ロシアからは女子ではアリーナ・ザギトワ、ソフィア・サモドゥロワの出場が決定的だが、残る1枠は今大会の後に決まる。スタニスラワ・コンスタンチノワ、メドベージェワ、トゥクタミシェワの3つ巴の争いの構図だ。

 本来はトップ選手が出場することのない大会だが、今季は事情が違っている。ロシア紙「スポルトエクスプレス」は「2度の世界女王がヴェリーキー・ノブゴロドにやってくるというニュースは前代未聞の騒ぎを呼んだ。とても慎ましいこの大会における長い歴史の中で、初めてチケットが販売され、(女子SPとフリーが行われる)21日と22日はアリーナの1100席すべてが埋め尽くされるのは疑いのない状態だ」と伝えている。

 ロシア選手権で表彰台に立ったコンスタンティノワ、メドベージェワの参戦だけでも話題性十分だったが、直前になってトゥクタミシェワの出場も決定。ロシアメディア「Life.ru」は「トゥクタミシェワ対メドベージェワ。ロシア杯ファイナルでの世界選手権への切符をめぐる戦い」と題して実力者同士の対決にフォーカスしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集