[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、シャイな新女王を米紙懸念!? 「リラックスできるようになればいいが」

テニスの4大大会・全豪オープンを制した大坂なおみ(日清食品)。アジア勢史上初となる世界ランク1位という快挙も実現したが、米メディアでは「ナオミは本物だ」と改めて脱帽している。

全豪オープンを制した大坂なおみ【写真:Getty Images】
全豪オープンを制した大坂なおみ【写真:Getty Images】

米紙が全豪5大トピックスの1つに新女王誕生を選出

 テニスの4大大会・全豪オープンを制した大坂なおみ(日清食品)。アジア勢史上初となる世界ランク1位という快挙も実現したが、米メディアでは「ナオミは本物だ」と改めて脱帽している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「全豪オープンから我々が学んだ5つの事象」。今年初のグランドスラム閉幕を受け、こう特集したのは米地元紙「USAトゥデー」だった。

 男子シングルスで4回戦敗退となった前年度覇者ロジャー・フェデラー(スイス)の「衰え」、そのフェデラーを破った20歳ステファノス・チチパス(ギリシャ)の躍進。そして、女子シングルスで準々決勝敗退となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)の「脆さ」、男子シングルスを制覇したノバク・ジョコビッチ(セルビア)の「支配力」とともに、新女王も「オオサカは本物だ」というテーマで、5大トピックスの1つとして取り上げられている。

「全米オープンでセリーナを破り、初のグランドスラムタイトルを手にして話題になることは、頻繁に起こることではない。その偉業に続いて直後のグランドスラムも制覇するということを、彼女はこの全豪オープンで行った。それはこの21歳が今やツアー最強のプレーヤーであることを意味する」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集