[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林陵侑は「日本の支配者」 6連勝に欧州メディア衝撃「サクセスストーリー続く」

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子の個人第12戦(バルディフィエメ)は12日、小林陵侑(土屋ホーム)が合計315.0点で圧勝。史上最多に並ぶ6連勝を飾った。試合後、インスタグラムを更新。2本目の大ジャンプの着地後に勢い余って転倒した様子を「みんな見て笑ってください」と茶目っ気たっぷりに動画付きで公開していたが、あまりの強さに欧州メディアは「驚くべきリョウユウ・コバヤシ」「サクセスストーリーは続く」と絶賛している。

W杯で史上最多に並ぶ6連勝を飾った小林陵侑【写真:Getty Images】
W杯で史上最多に並ぶ6連勝を飾った小林陵侑【写真:Getty Images】

史上最多の6連勝、本場欧州も仰天「驚くべきリョウユウ・コバヤシ」

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子の個人第12戦(バルディフィエメ)は12日、小林陵侑(土屋ホーム)が合計315.0点で圧勝。史上最多に並ぶ6連勝を飾った。試合後、インスタグラムを更新。2本目の大ジャンプの着地後に勢い余って転倒した様子を「みんな見て笑ってください」と茶目っ気たっぷりに動画付きで公開していたが、あまりの強さに欧州メディアは「驚くべきリョウユウ・コバヤシ」「サクセスストーリーは続く」と絶賛している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 この強さには慄くしかない。小林陵がまた欧州に衝撃を与えた。

 1本目に135メートルを飛ぶと、2本目も136メートルの大ジャンプ。優勝を予感させた直後、思わぬアクシデントも……。右手で歓喜のガッツポーズを炸裂させると勢い余ってバランスを崩し、転びかけた。そのまま右足の板が脱げてしまい、照れ笑い。会場をどよめかせたが、嬉しさを隠し切れず、何度もガッツポーズした。

 小林陵は試合後、インスタグラムで「6連勝目でした..」と優勝を報告した上で、実際のシーンを動画付きで公開。「みんな見て笑ってください」「#転倒」とお茶目にファンと喜びを共有し、「最後は不覚にも笑ってしまった」などと反響を集めていたが、本場の欧州メディアも圧巻の強さに、唖然とするしかない様子だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集