[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

呪縛解いた錦織、“10度目の正直V”に海外メディア絶賛「衝撃的な連敗記録止める」

テニスのブリスベン国際は6日、男子シングルス決勝で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同16位のダニル・メドベージェフ(ロシア)を6-4、3-6、6-2のフルセットで下し、およそ3年ぶりのツアーVを達成した。16年2月のメンフィスオープンで優勝して以来、決勝で9連敗と、ことごとく苦杯を舐め続けてきたエースに対し、海外メディアは「衝撃的な連敗記録を止める」と特集している。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

復活の3年ぶりツアーVに賛辞「タイトル日照りに終止符」

 テニスのブリスベン国際は6日、男子シングルス決勝で世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同16位のダニル・メドベージェフ(ロシア)を6-4、3-6、6-2のフルセットで下し、およそ3年ぶりのツアーVを達成した。16年2月のメンフィスオープンで優勝して以来、決勝で9連敗と、ことごとく苦杯を舐め続けてきたエースに対し、海外メディアは「衝撃的な連敗記録を止める」と特集している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 ついに、この瞬間がやってきた。錦織にとって、実に1056日ぶりのツアー優勝。コート上で点を仰ぎ、喜びを抑え切れない表情で何度も左手でガッツポーズを炸裂させた。

 日本ハム杉谷拳士内野手も観戦する中、実に9連敗を喫していた決勝の呪縛から解き放たれた29歳。決戦の地となった地元豪州メディアも日本のエースの苦難の日々を振り返っている。

「ケイ・ニシコリがブリスベンでタイトルを掴み、衝撃的な敗退記録を止める」と特集したのは地元紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」だった。

 パット・ラフター・アリーナで掴み取った久々の栄光にたどり着いた錦織。頂上決戦のプレーぶりは「今週ずっと生み出してきた盤石なテニスの延長」と評価されている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集