[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザー、10億円ゲットをマクレガー挑発「あれじゃ、トップにはいられないよ」

英紙も特集「マクレガーは不満を抱いているようだ」

 17年8月にボクシングルールによる公式戦で激突し、メイウェザーは10回1分5秒でTKO勝ち。このメガマッチでメイウェザーは110億円のファイトマネーを稼いだとされる一方、マクレガーも大金を手にした。この年、9900万ドル(約109億円)の収入で、フォーブス誌の長者番付で4位に入ったマクレガーだは今回の那須川戦で宿敵が手にした10億円では、長者番付1位の座は死守できないと揶揄した格好だ。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 マクレガーはメイウェザー対天心戦決定後に、自身のインスタグラムで「東京は熱くなるのか? (メイウェザーの)隣にいる男は誰なんだ」と煽っていた。那須川もインスタグラムで「ハロー、Mr.マクレガー。僕の名前はテンシン・ナスカワ。僕はジャッキー・チェンではない。君の敗北のリベンジを果たすことを約束するよ。僕の戦いを見ていてくれ」と反応する一幕もあった。

 英地元紙「メトロ」も投稿を受け、「コナー・マグレガーはRIZIN.14でのフロイド・メイウェザーのテンシン・ナスカワ戦のKO劇を攻撃する」と特集。「マクレガーはミスマッチながらメイウェザーと真正面から激突した。そして、ライバルがわずか139秒間の仕事で900万ドルを手にしたことに不満を抱いているようだ」と記事では報じている。

 エキシビションで10億円をゲットしたメイウェザーには海外メディアから批判も集まっているが、メガバウトの収益で長者番付をともに駆け上がった男は10億円では不十分と挑発。那須川戦の波紋は広がり続けている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集