[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、リング誌の顔抜擢は驚きなし 米メディア評価「この栄誉と殊勲に価する」

ボクシングのWBAバンタム級世界王者・井上尚弥(大橋)が、ボクシング界で最も権威を持つ伝統の米専門誌「リング」で日本人選手初の単独表紙を飾ることが発表され、自身で実物の表紙をSNS公開すると国内外のファンに反響を呼んでいたが、本場米メディアも特集。「彼のパンチ力を持ってすれば、この栄誉と殊勲に値する」と抜擢に驚きなしとの評価を下している。

日本人史上初となるリング誌の表紙を飾る井上【写真:Getty Images】
日本人史上初となるリング誌の表紙を飾る井上【写真:Getty Images】

伝統あるバイブル誌の表紙に登場「モンスターが歴史に名を残す」

 ボクシングのWBAバンタム級世界王者・井上尚弥(大橋)が、ボクシング界で最も権威を持つ伝統の米専門誌「リング」で日本人選手初の単独表紙を飾ることが発表され、自身で実物の表紙をSNS公開すると国内外のファンに反響を呼んでいたが、本場米メディアも特集。「彼のパンチ力を持ってすれば、この栄誉と殊勲に値する」と抜擢に驚きなしとの評価を下している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「ナオヤ・イノウエ、モンスターが日本人で初めてリング誌の表紙を飾り歴史に名を残す」と見出しを打って特集したのは、米ボクシング専門メディア「イーストサイドボクシング」だった。井上の輝かしいキャリアを紹介した上で「栄誉を受け取るに値する機会がイノウエに来た。『ザ・バイブル・オブ・ボクシング(リング誌)』の表紙を飾ることになったのだ」とレポートした。

「リング」は1922年に創刊された米国の老舗雑誌。全17階級のボクサーのランクを独自に格付けする「パウンド・フォー・パウンド」は世界のボクシングファンが注目する指標の一つとなっている。記事では、日本人が単独表紙を飾るのは初としたが「彼のパンチ力を持ってすれば、この栄誉と殊勲に値するだろう」と言及。今回の抜擢は決して驚くべきものではないと評価している。

「彼はまだ後退しておらず、彼自身を楽しんでいる。イノウエの野心と固い決意は留まることを知らない」

 このように記し、まだまだ成長の可能性を秘めた25歳について評している。来春に米国で予定されるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と相まみえる井上。バイブル誌の“顔”を飾るに相応しい戦いを見せることができるのか。今や世界の最強ボクサーの一人に数えられる「The Monster」への期待は高まるばかりだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集