[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アーモンドアイ、衝撃Vに評価急上昇 ドバイシーマC1番人気&凱旋門賞3番人気浮上

競馬のG1ジャパンC(東京・芝2400メートル)は25日、C.ルメール騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝3、美浦・国枝栄)が断然支持に応えて快勝。2分20分6の衝撃レコードをマークし、12年ジェンティルドンナ以来、史上2頭目の3歳牝馬Vを達成した。一躍、来年の海外挑戦に期待が高まっているが、英大手ブックメーカーの予想オッズではドバイシーマクラシックで1番人気、凱旋門賞で3番人気に浮上。評価は急上昇している。

騎手のC.ルメール【写真:Getty Images】
騎手のC.ルメール【写真:Getty Images】

英大手ブックメーカー最新オッズ、凱旋門賞はエネイブルらと“3強”形成

 競馬のG1ジャパンC(東京・芝2400メートル)は25日、C.ルメール騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝3、美浦・国枝栄)が断然支持に応えて快勝。2分20分6の衝撃レコードをマークし、12年ジェンティルドンナ以来、史上2頭目の3歳牝馬Vを達成した。一躍、来年の海外挑戦に期待が高まっているが、英大手ブックメーカーの予想オッズではドバイシーマクラシックで1番人気、凱旋門賞で3番人気に浮上。評価は急上昇している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 府中の杜から世界にインパクトを与えた「Almond Eye」に熱視線が注がれている。英大手ブックメーカー「bet365」の最新オッズによると、来年3月のドバイシーマクラシックでは3.5倍で1番人気に。史上最強牝馬の呼び声高いエネイブルの6.5倍を始め、英チャンピオンズフィリー&メアズSを勝ったマジカルの8倍、G1・2勝の日本ダービー馬レイデオロの9倍を抑えている。

 さらに、日本調教馬の悲願である世界最高峰の凱旋門賞では3番人気に。19頭がすでにリストアップされているが、史上初の3連覇を目指すエネイブルの4倍、今年のレースで2着に入った愛オークス馬シーオブクラスの6倍に続き、アーモンドアイは9倍となり、ここまでが一桁オッズ。“3強”を形成している。なお日本のスワーヴリチャードは34倍で10番人気となっている。

 衝撃のレコードで海外メディアも注目していたアーモンドアイ。飛躍の一年となるか。今から来年が待ち遠しい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集