[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「メディアが私人逮捕してる!」 失格・畑岡奈紗に米識者擁護「スロープレーも公平にすべきだ」

米女子プロゴルフツアーのショップライトLPGAクラシック第2日が8日(日本時間9日)、ニュージャージー州・シービューGCベイコース(6197ヤード、パー71)で行われたが、畑岡奈紗(アビームコンサルティング)が開始前に失格処分を受けた。第1ラウンド(R)の最終9番でボール捜索時間を超過したことが理由。米レポーターの指摘が発端となり、物議を呼ぶ中、米識者は「私人逮捕していると聞いた!」と発信している。

米女子プロゴルフツアーで失格処分を受けた畑岡奈紗【写真:Getty Images】
米女子プロゴルフツアーで失格処分を受けた畑岡奈紗【写真:Getty Images】

畑岡奈紗が失格に

 米女子プロゴルフツアーのショップライトLPGAクラシック第2日が8日(日本時間9日)、ニュージャージー州・シービューGCベイコース(6197ヤード、パー71)で行われたが、畑岡奈紗(アビームコンサルティング)が開始前に失格処分を受けた。第1ラウンド(R)の最終9番でボール捜索時間を超過したことが理由。米レポーターの指摘が発端となり、物議を呼ぶ中、米識者は「私人逮捕していると聞いた!」と発信している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 畑岡は第1Rの9番パー5第2打を茂みに打ちこみ、ボールを探した。発見後に規定に基づいてプレーを再開。6アンダーの4位で好発進していた。しかし、現場にいた米専門局「ゴルフチャンネル」のレポーターのトム・アボット氏が第2日になって通報。ゴルフでは競技委員らが厳密に時間を計測するわけではないが、捜索時間が制限時間の3分をオーバーしており、映像検証の末に誤所からのプレーで違反となった。

 本来ならボール紛失で1罰打。第2打地点から4打目として打たなければならず、スコア提出前に訂正しなかったために失格になった。テレビ視聴者などの指摘は受け付けない規定があるが、今回はコースにいた関係者。一連の流れが物議を呼び、米ゴルフ専門ポッドキャスト番組「ノー・レイング・アップ」でホストを務めるトロン・カーター氏は、Xに連続でこう投稿している。

「トム・アボットが私人逮捕をしていると聞いた! 何か言うのをずっと後まで待っていた」「ルール担当者がいたんだから、非常に興味深い状況だ」「様々な疑問が出てくる。放送を使って選手にペナルティーを科すというやり方を取るのなら、スロープレーのペナルティーも公平に対象にすべきだと思う。一貫性を持って選手に接してくれ!」

 同情するようにつづったカーター氏。さらに「トム・アボットはストップウォッチを持って横に忍び寄り、ナサがカードにサインするまで何も言わなかったのか? これがどうなったのか、もっと詳しく知る必要がある。ナサとキャディーのグレゴールには同情せずにはいられない。2人とも一流だ」と擁護している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集