[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「僕がこんなんじゃダメ。迷惑かけている」 石川祐希、12得点も厳しい自己評価「イライラしてしまった」【ネーションズリーグ】

バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会(西日本総合展示場)は8日、予選ラウンド第2週で世界ランク5位の男子日本代表が同6位スロベニア代表と対戦。3-1(25-23、19-25、26-24、25-21)で勝利した。世界ランク4位に再浮上。12得点をマークした主将の石川祐希は会見に出席し、「課題もあるけれど、3勝1敗で終えられたのはよかった」と福岡での4試合を振り返った。

石川祐希(左)にスロベニア側から手が差し伸べられる【写真:VNL提供】
石川祐希(左)にスロベニア側から手が差し伸べられる【写真:VNL提供】

買取大吉 バレーボールネーションズリーグ2024福岡大会

 バレーボールネーションズリーグ(VNL)2024福岡大会(西日本総合展示場)は8日、予選ラウンド第2週で世界ランク5位の男子日本代表が同6位スロベニア代表と対戦。3-1(25-23、19-25、26-24、25-21)で勝利した。世界ランク4位に再浮上。12得点をマークした主将の石川祐希は会見に出席し、「課題もあるけれど、3勝1敗で終えられたのはよかった」と福岡での4試合を振り返った。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 日本は西田有志がチーム最多26得点の躍動。高橋藍も16得点と攻撃を支えた。第1セットを逆転でものにした日本だったが、第2セットはスロベニアのブロックが猛威を振るいタイに。第3セットは一度はセットカウントを握られるも逆転し、必死の守備から高橋藍が押し込んだ。第4セット、最後は西田が強烈なスパイク。世界ランク上位を争う相手から貴重な勝利を収めた。

 これで福岡大会の全4試合が終了。3勝1敗で終えた。52年ぶりのメダル獲得を狙うパリ五輪が迫る中、18日からはフィリピン・マニラで開催される予選ラウンド第3週に臨む。

 石川は福岡大会を振り返り「改善点はあるけれど、1敗しかしなかったのは評価できる。フィリピンラウンド、ファイナル、パリ五輪と時間があるようでない。どれだけ完成度を高められるか。ピークはパリ五輪にうまく調整していければ」と主将としてコメントした。

 石川は高橋藍とともに福岡大会から合流。相手のマークは厳しく、この日は12得点だった。4セット目については「正直あまり覚えてないというか、僕自身もイライラしてしまっているところがあった」と反省。「僕がこんなんじゃダメだな、チームに迷惑かけているなと思っていたので、4セット目は切り替えようとして入った」と明かした。

 西田、山本、山内らの名前を挙げ「チームをまとめてくれた。ブラジルラウンドで戦った仲間が、改めて頼もしかった」と、予選第1週のブラジル大会から戦っているメンバーに感謝。「僕自身も今日に関しては仲間に助けられた試合。しっかりしないといけないと感じました。代表に帰って試合をするのはこういう感じだと改めて感じられた」と話した。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集