[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくら驚異の爆発「○○○○―○○○○○―○」 それでも厳しい自己評価「いいゴルフという感じが…」

女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスが6日、兵庫・六甲国際GC(6526ヤード、パー72)で開幕し、ツアー通算10勝の26歳・小祝さくら(ニトリ)が10バーディー、1ボギーの63で回り、9アンダーで暫定首位の好発進を決めた。先週は全米女子オープン(OP)に出場しており、帰国後すぐの大会で大爆発。それでも「あまりいいゴルフという感じはしなかった」とコメント。その理由は――。

宮里藍 サントリーレディスオープン初日に出場した小祝さくら【写真:Getty Images】
宮里藍 サントリーレディスオープン初日に出場した小祝さくら【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス

 女子ゴルフの国内ツアー・宮里藍サントリーレディスが6日、兵庫・六甲国際GC(6526ヤード、パー72)で開幕し、ツアー通算10勝の26歳・小祝さくら(ニトリ)が10バーディー、1ボギーの63で回り、9アンダーで暫定首位の好発進を決めた。先週は全米女子オープン(OP)に出場しており、帰国後すぐの大会で大爆発。それでも「あまりいいゴルフという感じはしなかった」とコメント。その理由は――。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 アメリカから戻ってすぐの試合。小祝がバーディーを示す「○」を並べた。

 インスタートで快進撃が始まったのは13番パー4。8メートルを沈めると、ここから4連続バーディーをマーク。さらにパーを1つ挟んで18番からは驚異の5連続バーディーを記録した。6番でも伸ばし、13番から12ホール中10ホールで「○」を刻む爆発ぶりだった。

 会心のゴルフのようでも、本人は「結構耐えのパーが多かった。逆にナイスパーだったり。7番とか8番もよく乗せたなという感じの場所だったり」と凌いだプレーが印象に残った様子。さらには「なんか最後があまり良くなかったので、あんまりいいゴルフだったという感じがせず終わってしまった」と意外にも厳しい。

 最終9番パー4では、7メートルから3パット。この日唯一のボギーを叩いた。「ティーショットが急に真っすぐいかなくなってしまった。その理由とかショットの原因も分からないので、しっかり今日は修整して明日臨みたいです」とコメントに喜びは感じられなかった。

 前週は全米女子OPに出場し9位。最終日には優勝した笹生優花(フリー)と同組でプレーし、「すごく良いプレーを間近で見れた」と刺激を受けた。米国では耐えるゴルフを展開したが、「今週は攻めのゴルフをしなきゃ」と切り替えて挑んだ。

 現在のメルセデス・ランキングは3位。3月のヤマハレディースオープン葛城以来の通算11勝目に期待がかかる。「まだ始まったばかりなので、しっかり休みながら、修正に励んで頑張りたい」。さらに高みを目指す。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集