[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷15号を被弾した161キロ剛腕、マウンド上でのリアクションに日本人注目「打たれた瞬間の…」

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に「2番・DH」で先発し、3回の第2打席で5月29日(同30日)のメッツ戦以来、5試合ぶりとなる15号2ランを放った。被弾したスキーンズは、時速100マイル(約160.9キロ)の剛速球をはじき返されるとなぜか笑みを見せ、打球を最後まで見送っている。このリアクションに日本ファンから「表情よすぎる」「笑うのめっちゃいい」との声が上がっている。

敵地パイレーツ戦に先発出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
敵地パイレーツ戦に先発出場したドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

161キロの剛球を本塁打にされたスキーンズ

 米大リーグ、ドジャースの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、敵地ピッツバーグで行われたパイレーツ戦に「2番・DH」で先発し、3回の第2打席で5月29日(同30日)のメッツ戦以来、5試合ぶりとなる15号2ランを放った。被弾したスキーンズは、時速100マイル(約160.9キロ)の剛速球をはじき返されるとなぜか笑みを見せ、打球を最後まで見送っている。このリアクションに日本ファンから「表情よすぎる」「笑うのめっちゃいい」との声が上がっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 スキーンズは昨年のドラフトで全体1位指名を受けた注目の右腕。3回2死一塁で迎えた第2打席、大谷はフルカウントから高めへの100マイル(約160.9キロ)速球を捉えた。打球は中堅へぐんぐん伸び、フェンスを越えた。飛距離415フィート(約126.5メートル)、打球速度105.6マイル(約169.9キロ)の打球。スキーンズはフェンスの向こうに消えるまでしっかり見届けると、マウンド上で“不敵”な笑みを浮かべた。

 SNS上の日本ファンからは「スキーンズの表情よすぎる」「スキーンズの打たれた瞬間の『イカれたー』みたいな表情がいいね」「スキーンズ打たれた後いい表情してる」「打たれてすぐスキーンズがわかって、笑うのめっちゃいい表情」などと反響が集まっていた。

 大学時代には二刀流でプレーしていたスキーンズは、2023年のドラフト全体1位で、歴代最高額の920万ドル(約14億4700万円)で契約した“怪物”。大谷の第1打席では最速101マイル(約162.5キロ)の剛速球を立て続けに投げ込み、三球三振を奪っていただけに、痛恨の被弾の反響は広がっている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集