[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

PFP論争で断言、井上尚弥が「世界最強」 2位後退に異論…敏腕社長がウシクの“弱さ”を指摘

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)と共同プロモート契約を結ぶ米興行大手・トップランク社のトッド・デュボフ社長が、最新のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングに異論を唱えた。井上を抜いて1位に立ったオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が見せた“弱さ”を指摘し、「イノウエが世界最強。ウシクは程遠い」と主張している。

世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥【写真:荒川祐史】
世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥【写真:荒川祐史】

共同プロモート契約を結ぶ米興行大手社長がPFPランクに異論

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)と共同プロモート契約を結ぶ米興行大手・トップランク社のトッド・デュボフ社長が、最新のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングに異論を唱えた。井上を抜いて1位に立ったオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が見せた“弱さ”を指摘し、「イノウエが世界最強。ウシクは程遠い」と主張している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 ウシクは5月19日、サウジアラビア・リヤドで開催された世界ヘビー級4団体統一戦でタイソン・フューリー(英国)に2-1で判定勝ち。史上初のヘビー級4団体統一を成し遂げた。テレンス・クロフォード、井上に次ぐ男子史上3人目の2階級4団体統一を達成。世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」はこれを受け、階級を超えた格付けランクPFPでウシクを1位に据えた。

 井上は5月9日(日本時間10日)に約2年ぶりにトップに返り咲いていたが、わずか10日で2位に後退。これにデュボフ社長が異論を唱えた。英ラジオ局「トーク・スポーツ」は「『程遠い』タイソン・フューリーの米国でのプロモーターが、オレクサンドル・ウシクよりも優れたボクサーの名前を挙げる」と題する記事でデュボフ社長の主張を紹介している。

 フューリーのプロモートも務める同社長は「ナオヤ・イノウエが世界最強だと思う。オレクサンドル・ウシクは程遠い」と同局のインタビューで断言。PFPは「最新のパフォーマンスに容易く左右される」とし、「もし私がフューリーVSウシクの5回を見せ、『彼がPFP1位だ』と言ったら『なんだって? どうして彼が1位なんだ。アッパー全部食らってるじゃないか』となるだろう」と力説した。

「『彼の頭は上がり、両手は下がっている』とね。これは私の意見だ」と続けると、「私たちはそれをイノウエで見たことはない。直近の試合で一瞬のダウンはあったが、あれはなんでもない」と井上との差を強調した。さらに「ウシクを酷評するつもりはないが、彼は(ダニエル)デュボア戦でもボディーショットを食らっていて、物議を醸す戦いだったと人々は思っている」と自論を述べた。

 デュボフ社長は井上に次いで3位に入ったクロフォードについても「素晴らしいボクサーだが、イノウエとは違う技量を示していると思う」と言及。「イノウエは優れた技量で全ての階級を制圧してきた。そして誰とでも対戦する。彼は自信を持っており、相手を解体する様は本当に唯一無二だ」と日本の“モンスター”を絶賛していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集