[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笹生優花、全米OPスタッフを助けていた事実が判明 授与式の前に「すぐに気付き…」米メディア感動

女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープン(OP)を制した22歳・笹生優花(フリー)の振る舞いに米メディアが注目している。現地2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われた最終日。通算4アンダーとし、逆転で2021年大会以来、2度目の優勝を成し遂げた笹生は、涙のトロフィー授与式の前にスタッフを気遣い、手伝う姿が目撃されていた。

全米女子OP、2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた笹生優花【写真:Getty Images】
全米女子OP、2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた笹生優花【写真:Getty Images】

海外メジャー・全米女子オープン

 女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープン(OP)を制した22歳・笹生優花(フリー)の振る舞いに米メディアが注目している。現地2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われた最終日。通算4アンダーとし、逆転で2021年大会以来、2度目の優勝を成し遂げた笹生は、涙のトロフィー授与式の前にスタッフを気遣い、手伝う姿が目撃されていた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 行動に人柄が表れていた。最終組のプレーが終わり、トロフィー授与式のために18番ホールに戻ってきた笹生。主役となる22歳のチャンピオンのために準備が進む中、当の本人もじっとはしていられなかったようだ。米専門メディア「ゴルフ.com」が「彼女は全米女子オープンで優勝した。彼女のその後のそぶりもまた雄弁だった」と題する記事の中で、笹生の振る舞いに注目している。

 複数のスタッフがマイクやスピーカーのケーブルを引っ張っていた時、「サソウはすぐに気付き、ケーブルを出すのを手伝った」と記事は紹介。「その場の他の人たちが全米女子オープンの優勝者がトロフィーを受け取るための準備をしていた時、チャンピオン自身は他人を助けていた」と称えた。

 優勝メダルとトロフィーを受け取った笹生は、英語のスピーチで涙ながらに両親に感謝。日本人の父とフィリピン人の母を持ち、前回優勝時はフィリピンの国旗が掲げられた。「2021年の優勝は自分の母に恩返し。今回は父に恩返しです」と語った発言に、記事は「壮大な瞬間をこの時のサソウほどうまく内省できる成熟さを持つ22歳は多くないと思う」と絶賛していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集