[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笹生&渋野ワンツーの裏で…トップ10入りゼロ、韓国女子の凋落に地元メディア嘆き「庭だったのは昔」 

女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦、全米女子オープン(OP)は現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日を行い、3打差の5位から出た22歳の笹生優花(フリー)が逆転で2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた。2位にも渋野日向子(サントリー)が入り、日本勢ワンツーも達成。その裏で嘆きの声を上げているのが韓国メディアだ。今大会の韓国選手最高位が12位タイだったことを「韓国の庭だったのは昔」と報じている。

全米女子OP、2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた笹生優花【写真:Getty Images】
全米女子OP、2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた笹生優花【写真:Getty Images】

ゴルフ全米女子オープン、笹生と渋野ワンツーの一方で…韓国勢の最高は12位

 女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦、全米女子オープン(OP)は現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日を行い、3打差の5位から出た22歳の笹生優花(フリー)が逆転で2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた。2位にも渋野日向子(サントリー)が入り、日本勢ワンツーも達成。その裏で嘆きの声を上げているのが韓国メディアだ。今大会の韓国選手最高位が12位タイだったことを「韓国の庭だったのは昔」と報じている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 笹生は最終日、3打差の5位から出て5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68で回り、通算4アンダーとして逆転優勝。2位には通算1アンダーの渋野が入った。日本選手は他にも古江彩佳(富士通)が6位タイ。竹田麗央(ヤマエグループHD)と小祝さくら(ニトリ)が9位タイと、5人がトップ10入りを果たした。

 一方の韓国勢は通算4オーバーの12位タイに入ったキム・ヒョジュとイム・ジンヒが最高で、5オーバーの16位にキム・アリムとイ・ミヒャンが並んだ。これについて、韓国メディア「ゴルフ韓国」が「韓国の庭だったのは昔…全米女子オープン、トップ10に韓国選手はなし、日本は優勝、準優勝など5人」という記事で伝えている。

 本文では「2017年11月、ドナルド・トランプ前米国大統領が韓国を訪問して国会で演説した時、韓国女子ゴルフの地位を高く評価した。当時トランプ氏は自身が所有するゴルフ場、トランプ・ナショナルで開かれた2017年の全米女子オープンについて、優勝したパク・ソンヒョン以下上位4人が全て韓国人だったとほめた」と韓国女子の全盛期を振り返った。

 また、1998年のパク・セリが韓国人選手の全米女子OP初優勝であると同時に、アジア国籍の選手としても初優勝だったと紹介。その後2008年のパク・インビ以降、2020年までの13年間で韓国選手の優勝が9回に及んだことを「全米女子OPではなく、米国で進行する韓国女子オープンという言葉が出たほどだ」と紹介している。

「しかし、2021年から雰囲気が急変した」として。当時フィリピン国籍で出場した笹生が優勝、畑岡奈紗が2位だった大会を振り返り「そして、今年は最終のリーダーボードの上位10人に、韓国選手の名前は一つもなかった」とその後の凋落ぶりを伝えている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集