[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

43歳なのに100m10秒66、衰えないレジェンドに驚きの声「いつまでそんな速いんだ」 追い風参考も

陸上の北京五輪・男子4×100メートルリレー銀メダリスト、末續慎吾(EAGLERUN)が1日、第4回九州共立大学チャレンジ競技会に出場。男子100メートルの予選で10秒66(追い風3.2メートル)を記録した。自身のSNSで「追い風参考ね」と記しつつ動画を公開。43歳の走りに「速い!」「凄すぎです」と驚きの声が集まっている。

末續慎吾【写真:荒川祐史】
末續慎吾【写真:荒川祐史】

九州共立大学チャレンジ競技会に出場

 陸上の北京五輪・男子4×100メートルリレー銀メダリスト、末續慎吾(EAGLERUN)が1日、第4回九州共立大学チャレンジ競技会に出場。男子100メートルの予選で10秒66(追い風3.2メートル)を記録した。自身のSNSで「追い風参考ね」と記しつつ動画を公開。43歳の走りに「速い!」「凄すぎです」と驚きの声が集まっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 年齢を感じさせない快走だった。第4レーンの末續は中盤で抜け出すと、九州共立大の学生たちに先行を許さず、1着のままゴール。追い風3.2メートルながら10秒66の好タイムを叩き出した。自身のインスタグラムで動画を公開。「初戦。10秒66。追い風参考ね。この道を極めるのだ! アース」と文面に記した。

 2日に44歳の誕生日を迎えた末續はこの日が43歳最後の日。レジェンドの衰え知らずの走りにファンからは「いつまでそんなに速いんですか!」「流石です」「速い!」「かっこよすぎます」「ヤバぁ」「凄すぎです」「追参でも、10秒66は凄いです」と驚きのコメントが寄せられた。

 末續は2003年世界陸上パリ大会の男子200メートルで日本人初となる銅メダルを獲得。2008年の北京五輪では男子4×100メートルリレーで銀メダリストとなった。2003年6月にマークした200メートルの20秒03は、20年以上経った今も破られていない日本記録だ。100メートルの自己記録は同年5月にマークした10秒03。なお、この大会の決勝はDNS(欠場)となっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集