[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笹生&渋野ワンツーの裏で…V争い→9位転落、豪州選手に地元メディア落胆「衝撃的メルトダウン」

女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦、全米女子オープン(OP)は現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日を行い、22歳の笹生優花(フリー)が逆転で2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた。2位にも渋野日向子(サントリー)が入り、日本勢ワンツーも達成。その裏では、2022年以来2度目の優勝を目指したミンジ・リー(豪州)が失速。優勝を逃し、豪州メディアも「劇的な屈辱」「衝撃的なメルトダウン」と嘆いていた。

全米女子オープン、9位だったミンジ・リー【写真:ロイター】
全米女子オープン、9位だったミンジ・リー【写真:ロイター】

最終日首位スタートのリーは78で2度目の優勝を逃す

 女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦、全米女子オープン(OP)は現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日を行い、22歳の笹生優花(フリー)が逆転で2021年大会以来2度目の優勝を成し遂げた。2位にも渋野日向子(サントリー)が入り、日本勢ワンツーも達成。その裏では、2022年以来2度目の優勝を目指したミンジ・リー(豪州)が失速。優勝を逃し、豪州メディアも「劇的な屈辱」「衝撃的なメルトダウン」と嘆いていた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 豪州のゴルフ専門誌「ゴルフ・オーストラリア」が「ミンジー・リーは、日本のスター、ユウカ・サソウがペンシルベニアで開催された全米オープンで2度目となる優勝へ駆け上がったことで、劇的な屈辱を味わった」と伝えている。

 3打差の5位から出た笹生は5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68で回り、通算4アンダーとして逆転優勝。一方、3日目まで通算5アンダーで、最終日は首位タイから出たリーは1番パー4でバーディを奪う好スタート。その後はスコアを落としながらも上手いプレーで凌いでいたが、後半10番でバギーを叩いて笹生に並ばれ、12番、14番ではダブルボギーの大叩き。15番もボギーでこの日78とし、優勝争いから通算3オーバーの9位タイまで後退した。

 特にリーのインに入ってからの崩れ方は衝撃的だったようで、記事は「キャリア3度目のメジャー制覇でオーストラリアのゴルフ界の王位に名を連ねようという望みは、ラウンド中盤の15分間の壊滅的なプレーで実質的に絶たれた」「10番で3パットのボギーで衝撃的なメルトダウンを招いてしまった」と嘆きの言葉を並べた。

 一方で、笹生については「サソウが6番で4パットのダブルボギーを叩き、リーに4打差をつけられた時点で彼女(笹生)の勝利は、最もありそうにないものだった」と、逆転優勝を衝撃的なものとして紹介している。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集