[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

笹生優花&渋野日向子が「10年で最少」の“快挙” 日本勢ワンツー「アンダーパーはこの2人だけ」

女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープン(OP)は現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日が行われ、3打差の5位で出た22歳の笹生優花(フリー)が5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68。通算4アンダーとし、逆転で2021年大会以来、2度目の優勝を成し遂げた。通算1アンダーの渋野日向子(サントリー)が単独の2位に入り、日本勢ワンツーも達成。海外メディアは2人が生んだ記録を伝えている。

全米女子オープンで優勝した笹生優花(左)と2位の渋野日向子【写真:ロイター】
全米女子オープンで優勝した笹生優花(左)と2位の渋野日向子【写真:ロイター】

海外メジャー・全米女子オープン

 女子ゴルフの今季海外メジャー第2戦・全米女子オープン(OP)は現地時間2日、米ペンシルベニア州のランカスターCC(6629ヤード、パー70)で最終日が行われ、3打差の5位で出た22歳の笹生優花(フリー)が5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの68。通算4アンダーとし、逆転で2021年大会以来、2度目の優勝を成し遂げた。通算1アンダーの渋野日向子(サントリー)が単独の2位に入り、日本勢ワンツーも達成。海外メディアは2人が生んだ記録を伝えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 笹生は2番パー4でこの日最初のバーディーを奪うも、その後は我慢の戦い。6番パー3でダブルボギーを叩きながらも、バックナインの13番パー5で1メートルを沈めて単独首位に浮上した。15、16番でも連続バーディー。17番パー3でボギーを叩いたものの、最終18番パー4は第3打はグリーン手前からきっちり寄せてパー。ガッツポーズで締めくくった。22歳11か月13日での大会2勝目は史上最年少となった。

 一方の渋野は我慢のゴルフ。厳しいセッティングで序盤はスコアを落とす中、12番パー3で7メートルを沈めてバーディー。ラインを読み切ってガッツポーズを見せた。その後は最終18番まで6連続パーでフィニッシュ。先の組でプレーしていた笹生がホールアウトすると、後方のフェアウェー上で渋野は両手を上げて拍手。プレーを終えて笹生と対面すると、即座に祝福のハグを交わし「おめでとう!マージで強い!」と絶賛していた。

 海外メジャーで日本勢がワンツーフィニッシュの快挙。英衛星放送「スカイスポーツ」は「全米女子オープン:ユウカ・サソウが最終ラウンドで68を叩き出し、2度目の優勝を飾った」との見出しで記事を掲載。「2021年にもタイトルを獲得しているサソウは、同胞のヒナコ・シブノに、5バーディーと2ボギーを記録した最終ラウンドで3打差をつけ、4アンダーで今週を終えた」と記したほか「アンダーパーを記録したのはこの2人だけで、全米女子オープンでは過去10年で最も少なかった」と紹介。難コースで生まれた記録が注目されていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集