[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ新垣比菜が6年ぶり復活V! 逃げ切り2勝目、シード喪失で苦しんだ黄金世代

女子ゴルフの国内ツアー・ヨネックスレディス最終日が2日、新潟・ヨネックスCC(6339ヤード、パー72)で行われ、2位と1打差の単独首位で出た25歳の新垣比菜(ダイキン工業)が通算14アンダーで6年ぶりのツアー通算2勝目を挙げた。

ヨネックスレディス最終日でプレーする新垣比菜【写真:Getty Images】
ヨネックスレディス最終日でプレーする新垣比菜【写真:Getty Images】

国内ツアー・ヨネックスレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ヨネックスレディス最終日が2日、新潟・ヨネックスCC(6339ヤード、パー72)で行われ、2位と1打差の単独首位で出た25歳の新垣比菜(ダイキン工業)が通算14アンダーで6年ぶりのツアー通算2勝目を挙げた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 追われる立ち場で戦い抜いた。新垣は出だしの1番でバーディー。2番でボギーを叩いたが、3、4番の連続バーディーで抜け出した。小雨の中でのプレーを強いられ、6番はボギー。同組の穴井詩が迫る中、12番でも1つ伸ばし、2打差をつけた。雨脚が強まり、3打差で最終18番パー5に突入。第1打、第2打ともに冷静にフェアウェーを捉え、3打でグリーンに乗せた。

 約1メートルのウィニングパットを決めると、肩をすくめながら満面の笑み。涙を流すキャディーと喜びを分かち合い、自身の目にも光るものがあった。

 新垣は逸材の多い1998年度生まれの黄金世代。アマチュア時代からツアーで活躍し、19歳だった2018年4月にツアー初優勝を果たした。プロ転向後の黄金世代では一番乗り。しかし、コロナ禍で統合シーズンとなった20-21年は賞金ランク64位でシード権を喪失した。今季は最終予選会13位の権利で出場を続けてきたが、3戦連続予選落ちを2度喫するなどメルセデス・ランクは66位だった。

 穴井、高橋彩華、蛭田みな美が11アンダーの2位。10アンダーの5位に宮里美香、桑木志帆、全美貞、森田遥が続いた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集