[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

爆発21号ジャッジに「1572億円を提示すべきだった」 移籍先候補だった球団番記者が嘆き

米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が1日(日本時間2日)、敵地ジャイアンツ戦に「3番・中堅」で先発し、メジャートップの21号2ランを放った。464フィート(約141.4メートル)の特大弾。2022年オフに獲得を目指していたジャイアンツの番記者は「10億ドル(約1572億円)のオファーを出すべきだった」と嘆いた。

ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】
ヤンキースのアーロン・ジャッジ【写真:ロイター】

ジャッジが21号特大141m2ラン

 米大リーグ・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が1日(日本時間2日)、敵地ジャイアンツ戦に「3番・中堅」で先発し、メジャートップの21号2ランを放った。464フィート(約141.4メートル)の特大弾。2022年オフに獲得を目指していたジャイアンツの番記者は「10億ドル(約1572億円)のオファーを出すべきだった」と嘆いた。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 打った瞬間に捕手もうなだれた。0-0の初回1死一塁。ジャッジはエース右腕ウェブの低めチェンジアップを捉えた。左中間席後方へ突き刺さる飛距離464フィートの特大2ラン。今季21号で先制し、この時点で2位のタッカー(アストロズ)に2本差をつけた。地元リンデンに近いオラクル・パークでのプレーは前日の同カードが初。4打数2安打、2本塁打4打点の活躍で6-2の勝利に貢献していた。

 22年のオフにフリーエージェント(FA)となった際、移籍先の有力候補だったのがジャイアンツ。地元放送局「NBCスポーツ・ベイエリア」の番記者アレックス・パブロビッチ氏は、Xに「ジャッジが464フィートの打球を放ち、左翼席をもう少しで越えるところだった。彼に10億ドルのオファーを出すべきだった」と投稿した。

 ジャッジがヤンキースと結んだ9年3億6000万ドル(約566億円)を大幅に上回る契約を提示すべきだったとした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集