[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4位渋野日向子が米国を驚かせた珍打「ありえない!!!!!」 思わず出た笑顔に「ショータイム」の声【全米女子OP】

米女子ゴルフの海外メジャー・全米女子オープン第3日が1日(日本時間2日)、米ペンシルベニア州ランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われ、5打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)は7バーディー、3ボギーの66で回り、通算3アンダーで首位と2打差の4位に浮上した。14番ではカップの縁に止まった球が“10秒後”に吸い込まれる珍打。思わず笑った様子に対し、米ファンから「ありえない!!!!!」と驚きの声が上がっている。

全米女子オープンに出場している渋野日向子【写真:Getty Images】
全米女子オープンに出場している渋野日向子【写真:Getty Images】

渋野日向子も思わず笑顔に

 米女子ゴルフの海外メジャー・全米女子オープン第3日が1日(日本時間2日)、米ペンシルベニア州ランカスターCC(6629ヤード、パー70)で行われ、5打差の5位で出た渋野日向子(サントリー)は7バーディー、3ボギーの66で回り、通算3アンダーで首位と2打差の4位に浮上した。14番ではカップの縁に止まった球が“10秒後”に吸い込まれる珍打。思わず笑った様子に対し、米ファンから「ありえない!!!!!」と驚きの声が上がっている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 静寂が一瞬にして大歓声に変わった。14番パー4、ピンまで10メートル弱。渋野はカラーからパターで優しく転がした。バーディーかと思われたが、カップの縁でストップ。完全に止まった。しかし、時間を置くとコロンとひと転がり。幸運にも恵まれ、思わず笑みをこぼした。

 動画を公開した大会公式インスタグラムとXは、それぞれの文面で「落ちそう…」「それを待って…待って…落ちた!」「ヒナコ・シブノが14番でクラシックな遅れたバーディーを決めた」と記して紹介。米ファンは「シブコちゃん、素晴らしいラウンドだった。明日プレーを見るのが楽しみだ」「ありえない!!!!!」「Wow!」「日曜に、再びシブコのショータイムが!!」と仰天した。

 首位は5アンダーのミンジ・リー(オーストラリア)ら3人。渋野は4位に入った2020年以来4年ぶりの全米女子オープン決勝ラウンド。今季は9戦6度の予選落ちと苦しんでいたが、優勝争いを演じている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集