[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥標的候補のボコボコTKOシーンに海外再興奮 「格の違いを見せつけた」「素晴らしい!」

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)の次戦が注目される中、対戦候補に挙がるWBO&IBF世界同級1位サム・グッドマン(オーストラリア)のTKO勝ちに再び注目が集まっている。所属するプロモート会社が公開すると、海外ファンは「格の違いを見せつけた」「素晴らしい!」と興奮している。

サム・グッドマン【写真:Getty Images】
サム・グッドマン【写真:Getty Images】

グッドマンのTKO勝ちに高評価

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)の次戦が注目される中、対戦候補に挙がるWBO&IBF世界同級1位サム・グッドマン(オーストラリア)のTKO勝ちに再び注目が集まっている。所属するプロモート会社が公開すると、海外ファンは「格の違いを見せつけた」「素晴らしい!」と興奮している。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 ペースよく拳を打ち付けた。グッドマンは序盤から好戦的に攻撃。ロープに詰め、左フックなどを当てた。決着は4回、連打をボコボコと浴びせたところでレフェリーストップ。相手は不満げなリアクションを取ったが、内容はグッドマン優勢だったようだ。

 3月の同級10回戦でマーク・スクリーブス(オーストラリア)に4回TKO勝ち。グッドマンをプロモートする「No Limit Boxing」公式インスタグラムが動画を公開した。文面で「今まで見た中で最も攻撃的なサム・グッドマン。25歳は3月に、地元ウロンゴンの観衆の前でマーク・スクリーブスを手早く片付けた」と紹介した。

 海外ファンからは「素晴らしいファイトだ! 少し早めのストップが残念だったけど」「リング内外で格の違いを見せつけたね」と再び興奮し、高評価を与えている。

 井上の標的候補だったが、グッドマン陣営が7月10日に母国でWBC8位チャイノイ・ウォラウト(タイ)と対戦すると発表。一方、井上が5月29日に所属ジムで練習を再開した際、陣営の大橋秀行会長は「一応、9月に(次戦を)予定していますけど、対戦相手の今の状況は未定です」と不透明とし、グッドマンについて「まだ交渉の余地はありますけど、どうなるかわからない」と話すにとどめていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集