[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本はいとも簡単に中国撃破」 女子バレーで五輪切符争う中国メディアが嘆き「情勢は危うい」

バレーボールのネーションズリーグ女子は5月31日、マカオで1次リーグを行い、日本が中国を3-1(25-22、19-25、25-18、25-17)で破って5勝2敗とした。パリ五輪の出場に大きく関わる世界ランクを1つ上げて7位。6位中国に迫った。中国メディア「新浪体育」は「日本はいとも簡単に中国を撃破」と称えている。

ネーションズリーグ女子で中国に勝利し歓喜する日本【写真:Getty Images】
ネーションズリーグ女子で中国に勝利し歓喜する日本【写真:Getty Images】

ネーションズリーグ女子、日本が中国に3-1の完勝

 バレーボールのネーションズリーグ女子は5月31日、マカオで1次リーグを行い、日本が中国を3-1(25-22、19-25、25-18、25-17)で破って5勝2敗とした。パリ五輪の出場に大きく関わる世界ランクを1つ上げて7位。6位中国に迫った。中国メディア「新浪体育」は「日本はいとも簡単に中国を撃破」と称えている。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 試合は日本がセットカウント1-1から2セットを連取し、勝負を決めた。エース・古賀紗理那(NEC)が両チーム最多の25得点。一方の中国は2016年リオ五輪のMVP、エース朱婷が第4セットから出場したが、6得点に終わった。「新浪体育」は「日本はいとも簡単に中国を撃破し、中国は第3セット(S)と第4Sでは完全に押さえつけられ、攻守ともにまったく太刀打ちできなかった」と嘆いている。

 第3Sの攻防を「日本が攻撃の効率を高めたのに対し、中国はミスが増え、酷い混乱ぶりで、得点能力をまったく失ったかのようだった」と伝え、続く第4Sも「中国の攻守は第3S同様にカオス」「試合は中国の完敗に終わった」と酷評した。パリ五輪出場に向けても「中国は完全に日本に抑えられ、攻守ともに力が出せなかった。日本に敗れたことで、情勢は危うくなった」と指摘した。

 パリ五輪は12か国が出場。すでに開催国を含め7か国の出場が決まっており、日本と中国は残る5枠を争うライバルだ。選定基準は、今大会の1次リーグが終わる6月17日時点での世界ランク。ここでアジア・オセアニア枠のトップに立つか、すでに出場権を獲得している7か国と、まだ出場国が決まっていないアフリカのトップを除いた上位3チームに入るどちらかが必要になる。

 セットカウント3-1で勝利したことで、日本は8.96ポイントを獲得し、325.07ポイントで世界ランク7位。一方の中国は8.96ポイントを失い、6位は変わらないが、332.85ポイント。両国の差は7.78ポイントにまで接近し、1試合の結果で逆転できるところまできている。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集