[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

微妙判定に鈴木誠也が珍しく感情露わ 「これは酷い」「ボール2個…」とX同情「検索したら…」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が思わず感情を露わにした。5月31日(日本時間1日)にシカゴで行われたレッズ戦に「2番・右翼」で先発。見逃し三振に倒れ、日本のファンから「ボール2個外れてますよね」「ロボット審判待ち遠しい」と同情の声が集まっている。

レッズ戦で三振に倒れベンチに戻るカブスの鈴木誠也外野手【写真:Getty Images】
レッズ戦で三振に倒れベンチに戻るカブスの鈴木誠也外野手【写真:Getty Images】

鈴木誠也のリアクションとは

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が思わず感情を露わにした。5月31日(日本時間1日)にシカゴで行われたレッズ戦に「2番・右翼」で先発。見逃し三振に倒れ、日本のファンから「ボール2個外れてますよね」「ロボット審判待ち遠しい」と同情の声が集まっている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 鈴木は5回無死一、二塁の好機で打席に立った。右腕アッシュクラフトの5球目、自信をもって見送った高めカットボールをストライクと判定され、三振に倒れた。珍しく打席で両手を上げて驚くと、ベンチに退く際にも恨めしそうに球審を振り返っている。

 試合を配信した「ABEMA」がこの場面の動画を公式Xに公開。“微妙判定”に対し、SNS上の日本人ファンは「ボール2個外れてますよね」「これは酷いですよね」「ロボット審判待ち遠しい」「検索したらこの球審は毎度の酷い判定をしているらしい」と指摘している。

 試合はカブスが4-5で敗戦。鈴木も9回に1点差に追い上げる適時二塁打を放ったものの、勝利には届かなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集