[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心、来年世界挑戦も視野 見えてきた王座獲得ロード「今回の結果次第」「世界獲らないと」

ボクシングの帝拳プロモーションは31日、7月20日に東京・両国国技館でトリプル世界戦を行うと発表した。同興行でボクシング転向4戦目を迎える那須川天心(帝拳)は都内で会見に出席。ジョナサン・ロドリゲス(米国)とノンタイトルで自身初の10回戦(最大10ラウンド)を行う。来年の世界挑戦を視野に入れた上で「今回の結果次第」と次戦の重要性を強調した。興行はAmazon プライム・ビデオで生配信。戦績は25歳の那須川が3勝(1KO)、ロドリゲスが17勝(7KO)2敗1分け。

次戦発表会見に出席し、撮影に応じる那須川天心【写真:中戸川知世】
次戦発表会見に出席し、撮影に応じる那須川天心【写真:中戸川知世】

7.20トリプル世界戦

 ボクシングの帝拳プロモーションは31日、7月20日に東京・両国国技館でトリプル世界戦を行うと発表した。同興行でボクシング転向4戦目を迎える那須川天心(帝拳)は都内で会見に出席。ジョナサン・ロドリゲス(米国)とノンタイトルで自身初の10回戦(最大10ラウンド)を行う。来年の世界挑戦を視野に入れた上で「今回の結果次第」と次戦の重要性を強調した。興行はAmazon プライム・ビデオで生配信。戦績は25歳の那須川が3勝(1KO)、ロドリゲスが17勝(7KO)2敗1分け。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 黒の革ジャン姿で登壇した那須川は会見で「10回戦は結構早いなと思う」と率直に思いを吐露。3戦目は121ポンド(約54.89キロ)契約だったが、今回は「54キロちょっと。前回の1ポンド下で、今回も過去最軽量になります」と120ポンド(約54.43キロ)の見込みだと明かした。

 さらに「凄く長い期間を経てタイトルマッチをしたいと言っていたけど、前回の試合の評価や練習の成果を見て早くなったんだと思う。タイトルマッチをやらせてもらえる状態に近づいてきているのかな」と成長に手応えを見せた。

 昨年4月のボクシングデビュー戦は6回戦、9月の2戦目は8回戦でともに判定勝ち。8回戦だった今年1月の3戦目は初の世界ランカーを相手に圧倒し、相手の棄権で3回終了TKO勝ちした。現在の世界ランクはバンタム級でWBA7位、WBC13位、WBO11位。東洋太平洋は4位、WBOアジアパシフィックは1位、日本ランクはスーパーバンタム級で3位につける。

 那須川はデビュー時から早期の世界挑戦を期待する声が上がっていたが、ジムは着実に成長させる方針。それでも、デビュー4戦目で日本タイトルマッチと同じ10回戦が組まれた。

 会見後の取材では、「青写真では次(5戦目)が地域タイトルで、来年に世界戦というイメージか」と問われると、「イメージしてもなかなか難しいところがある」と強調した。契約ごとのため、希望通りに行かない可能性があるのがボクシング。そのうえで「今回のこの試合でどうなるかですよね」とタイトルマッチへの道筋が見える試合になるとした。

「前回の試合があったから、今回のこういう強い相手とできると思う。例えば前回の試合で苦戦していたら今回はなかったでしょうし。だから、この試合の結果次第でどうなるか。地域タイトルが目標じゃない。世界を獲らないといけない。しっかりと実力のある選手とやって、そこからじゃないですか。

 最初は(世界戦まで)何十戦してっていうイメージもあったんですけど、それが徐々に近くはなっている。だからといって焦りはないです。一歩、一歩着実にやる。今回はボクシングの型がしっかり完成した姿を見せられると思う。そこからの勝負だと思う。(今回の結果で道筋が)見えてくると思う」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集