[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

広島、初のBリーグ制覇へ意地の1勝 琉球に72-63、崖っぷちから1勝1敗のタイ 優勝決定戦は28日

バスケットボール男子B1リーグの年間優勝を決めるBリーグファイナル(2戦先勝方式)の第2戦が26日、横浜アリーナで開催され、広島ドラゴンフライズが琉球ゴールデンキングスに72-63で勝利し、1勝1敗のタイに戻した。開催7回目で初の西地区同士の対決。優勝をかけた第3戦は28日に行われる。

1勝1敗のタイに戻した広島ドラゴンフライズ【写真:B.LEAGUE】
1勝1敗のタイに戻した広島ドラゴンフライズ【写真:B.LEAGUE】

日本生命 B.LEAGUE FINALS 2023-2024

 バスケットボール男子B1リーグの年間優勝を決めるBリーグファイナル(2戦先勝方式)の第2戦が26日、横浜アリーナで開催され、広島ドラゴンフライズが琉球ゴールデンキングスに72-63で勝利し、1勝1敗のタイに戻した。開催7回目で初の西地区同士の対決。優勝をかけた第3戦は28日に行われる。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 第1クォーター(Q)は広島ペース。21-14とリードしたが、琉球は第2Qで盛り返した。3ポイントシュート(3P)が決まり始め、守備も躍動。岸本隆一のハッスルプレーからヴィック・ローが3Pを沈めるなど34-30と逆転。琉球リードで前半を折り返した。

 後半は琉球が先手を取った。ロー、今村佳太の得点などで開始3分弱で43-32と11点差に。この日初めてリードを2桁に乗せた。しかし、広島もドウェイン・エバンスや山崎稜の3Pで反撃。残り2分59秒に44-43と逆転に成功し、その後は一進一退の攻防となった。

 48-47と広島1点リードで最終Qに突入。広島は上澤俊喜の3Pなどで流れを掴み、追いすがる琉球を引き離して勝利。対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。

 昨季初めてB1王者に輝いた琉球は今季西地区2位に終わり、地区7連覇を逃した。チャンピオンシップ(CS)ではクォーターファイナル(QF)でA東京と、セミファイナル(SF)で千葉Jと、ともに第3戦までもつれ込む激闘。苦しみながらも3年連続でファイナルに駒を進めた。決勝の相手は同地区3位ながらワイルドカードから勝ち上がった広島。7回目の開催で初の西地区同士のファイナルとなった。

 広島はQFでは中地区首位の三遠、SFでは西地区首位の名古屋Dを倒す“下剋上”で初のファイナルの舞台に辿り着いた。B1昇格4年目でクラブ史上初、そしてB2から昇格した球団として初のB1制覇を目指していた。25日の初戦は、琉球が序盤からペースをつかんで最大24点差をつけるも、広島が第4Qに猛反撃。一時8点差まで詰め寄られるも、74-62で逃げ切っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集