[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、米リング誌PFPで2位陥落も…編集長は“モンスターNo.1”を支持「少数派なのは分かっているが…」

世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は19日(日本時間20日)、階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版(18日付)を公表し、1位だった世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は2位に後退した。一方で、同誌編集長は「少数派であることはわかっているが、イノウエがまだ私のPFP1位だ」と主張している。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

世界で最も権威あるリング誌が最新PFPを発表

 世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は19日(日本時間20日)、階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版(18日付)を公表し、1位だった世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は2位に後退した。一方で、同誌編集長は「少数派であることはわかっているが、イノウエがまだ私のPFP1位だ」と主張している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。海外メディアが各自で格付けしているが、リング誌のPFPが世界で最も価値がある指標とされている。井上は2022年6月、リング誌のPFPで日本人初の1位になる快挙を達成。同8月に2位に後退したが、今年5月9日(同10日)に約2年ぶりにトップに返り咲いていた。

 しかし、わずか10日で2位に陥落。代わりに1位に立ったのは、3位から上昇したオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)だ。ヘビー級3団体統一王者だったウシクは19日、サウジアラビア・リヤドで開催された世界同級4団体統一戦でWBC王者タイソン・フューリー(英国)に判定勝ち。無敗同士の対決を制し、史上初のヘビー級4団体統一の偉業を成し遂げた。

 リング誌が最新版のランキングを公表する前に、同誌編集長のダグラス・フィッシャー記者は自身のXを更新。「少数派であることは分かっているが、イノウエがまだ私のPFP1位だ。ウシクにはリスペクトしかないが」と、井上支持であることを明かした。同記者は昨年7月にテレンス・クロフォード(米国)が世界初の2階級4団体統一を達成した際にも、唯一井上に1位票を投じていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集