[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳・竹田麗央、大会新-14で逆転V! 3勝目で年間ランク首位再浮上、河本結は5年ぶりVならず

女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6731ヤード、パー72)で最終日が行われた。1打差の2位で出たツアー通算2勝の21歳・竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)が6バーディー、2ボギーの68で回り、大会記録を1打更新する通算14アンダーで逆転優勝。4月のKKT杯バンテリンレディスでツアー初Vを果たしてから、6戦3勝となった。首位で出た河本結(RICOH)は通算12アンダーで5年ぶりの2勝目はならず。2年連続年間女王の山下美夢有(加賀電子)と並び2位となった。

ブリヂストンレディスで優勝した竹田麗央【写真:Getty Images】
ブリヂストンレディスで優勝した竹田麗央【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスは19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6731ヤード、パー72)で最終日が行われた。1打差の2位で出たツアー通算2勝の21歳・竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)が6バーディー、2ボギーの68で回り、大会記録を1打更新する通算14アンダーで逆転優勝。4月のKKT杯バンテリンレディスでツアー初Vを果たしてから、6戦3勝となった。首位で出た河本結(RICOH)は通算12アンダーで5年ぶりの2勝目はならず。2年連続年間女王の山下美夢有(加賀電子)と並び2位となった。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!


 今季国内ツアーの主役になっている竹田。出だし1番パー4からの3連続を含み、6番までに5つのバーディーを奪って一気に河本を逆転。後半は一転、10番パー4でこの日最初のボギーを叩くなど我慢のゴルフが続いた。河本、2年連続年間女王の山下美夢有が迫る中、粘りのプレー。16番パー5でようやくバーディーを奪い、2人に4打差をつけて勝利を大きく手繰り寄せた。

 竹田は17番パー3でボギーを叩くが、最終18番パー5はパーで通算14アンダー。優勝で山下、河本とハグを交わして健闘を称え合った。4日間大会では初優勝。これで年間のメルセデス・ランキングでは首位に返り咲いた。

 表彰式での優勝スピーチで竹田は「先週、予選落ちしてすごく悔しくて、今週また頑張ろうと思って大会をスタートした。初日からいいゴルフができ、優勝することができて嬉しいです。このコースは初めて回ったんですけど、練習ラウンドから難しいなという印象。どうやってバーディー獲ろうかと思っていたけれど、ドライバーとパッティングが好調で、最後まで自信をもってプレーできた。4日間大会で初めて優勝できて嬉しい。4勝目を目指して頑張ります。ありがとうございました」と笑顔でコメント。ギャラリーの拍手を浴びた。

 竹田は4月のKKT杯バンテリンレディスでツアー初優勝。翌週のフジサンケイレディスも制し、史上4人目となるツアー初優勝からの2週連続優勝を達成した。今大会で初優勝から6戦3勝。1993、94年賞金女王・平瀬真由美の姪で、母・哲子さんも元プロゴルファー。6歳でゴルフを始め、2021年11月の最終プロテストに合格。アマチュア時代から逸材と言われた21歳がまた一つ栄冠を手にした。

 首位で出た河本は12、13番と連続でバーディーパットを惜しくも決められず。3バーディー、2ボギーとスコアを伸しきれず、通算12アンダーで2位。2019年3月のアクサレディス以来5年ぶりのツアー2勝目を逃した。今季初優勝を狙った山下は後半3連続バーディーなどボギーフリーで回ったが、河本と並ぶ2位だった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集