[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

感情もつづる5冊のゴルフノート 自己分析を徹底、藤田かれんはV争いで「自分の世界に入りたい」

女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディス第2日は17日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6731ヤード、パー72)で初日に日没サスペンデッドとなっていた第1ラウンド(R)の残りと第2Rが行われた。第2Rを7位で出たツアー未勝利の藤田かれん(ライク)が5バーディー、2ボギーの69で回り、首位と4打差の通算6アンダーで5位に浮上。「現実的なタイプ」と自己分析する23歳はゴルフノートに記したテーマを達成し、決勝ラウンド(R)へ好位置に付けた。竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)が10アンダーで単独首位。

ブリヂストンレディス第2日に出場した藤田かれん【写真:Getty Images】
ブリヂストンレディス第2日に出場した藤田かれん【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディス第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディス第2日は17日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6731ヤード、パー72)で初日に日没サスペンデッドとなっていた第1ラウンド(R)の残りと第2Rが行われた。第2Rを7位で出たツアー未勝利の藤田かれん(ライク)が5バーディー、2ボギーの69で回り、首位と4打差の通算6アンダーで5位に浮上。「現実的なタイプ」と自己分析する23歳はゴルフノートに記したテーマを達成し、決勝ラウンド(R)へ好位置に付けた。竹田麗央(りお・ヤマエグループHD)が10アンダーで単独首位。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大崩れしないのが成長だ。藤田は1番パー4でボギー発進。しかし、3番パー4は残り115ヤードからの第2打を1メートル半に寄せてバーディーを奪った。後半も1ボギーがありながら2バーディーで浮上。「ボギーが先行していたけど、焦らずできた。微妙なところだけど今日は75点」と、はにかんだ。2021年11月にプロテスト合格。成長の裏にはプロ転向前から書き続けたノートがある。

 ボギー内容、フェアウェーキープ率、3パット率などのデータがビッシリ。感情も赤裸々につづった。休養日は翌日の練習を記し、実行していく。「現実的」と自己分析する性格も一つの武器。ピン位置や風向きを考え、戦略を持って試合に挑んだ。「ネガティブなので届かなかったら悲しい」と具体的なスコア目標はつくらないが、「今日のテーマは60台」とぼんやり描く。この日は69でしっかり達成してみせた。

 古江彩佳ら実力者の多い2000年度生まれの「プラチナ世代」と呼ばれる学年。一発合格の同級生の後を追い、3度目で難関を突破した。最終予選会3位で今季前半戦の出場権を獲得。3月の明治安田レディスで優勝争いも経験し、2位に入った。「17番でボードを見て緊張してしまった」と敗因分析も忘れない。11戦中6度の予選落ちでも「調子は一度も落としていない」と本質を捉えながらプレーする。

 第3日は同い年の安田祐香、2学年下の岩井明愛と同組。「久しぶりにギャラリーさんが多そうで緊張するかもしれないけど、見られることは好きなので自分の世界に入ってやりたい」。ノートは5冊目に突入。記した経験を糧に優勝争いに加わっていく。

(THE ANSWER編集部・山野邊 佳穂 / Kaho Yamanobe)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集