[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、引退ライブ配信に映らなかった神対応 180度撮影に笑顔キープ、ペコペコお辞儀で退席

フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)が14日、都内で競技者としての引退会見を行った。男子シングルで平昌五輪銀、北京五輪銅と2大会連続メダルを獲得。世界選手権も連覇するなど、長らく日本男子を牽引してきた26歳が、充実した表情で21年間の競技生活に別れを告げ、プロ転向を表明した。終始笑顔だった宇野はトヨタイムズスポーツ公式YouTubeでの生配信が終了した後も、“神対応”と謙虚な人柄を見せていた。

引退会見をした宇野昌磨【写真:矢口亨】
引退会見をした宇野昌磨【写真:矢口亨】

都内で引退会見

 フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)が14日、都内で競技者としての引退会見を行った。男子シングルで平昌五輪銀、北京五輪銅と2大会連続メダルを獲得。世界選手権も連覇するなど、長らく日本男子を牽引してきた26歳が、充実した表情で21年間の競技生活に別れを告げ、プロ転向を表明した。終始笑顔だった宇野はトヨタイムズスポーツ公式YouTubeでの生配信が終了した後も、“神対応”と謙虚な人柄を見せていた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 会見には報道陣約120人、テレビカメラ約20台が集結。開始1時間以上前から宇野の言葉を聞くため列を作っていた。拍手を受けながら黒のスーツ姿で登場。競技生活への未練については「全くない」と断言。今後については「プロとしてですけれどもスケートという道を続けていくことに変わりはないです」とプロ転向を見据えた。

 トヨタイムズスポーツ公式YouTubeで生配信され、最後は「ワン、トヨタ!」の決め言葉で締めて終了。その後はメディアのフォトセッションに応じた。スチールカメラ30台以上、宇野を囲むようにして180度が並んだが、5分間口角を上げて笑顔をキープし続けた。

 司会を務めたトヨタイムズスポーツキャスターの森田京之介氏から「疲れてきましたかね?」と話しかけられるほど。それでも最後は白い歯を見せてほしいとの要望にも応え、地元・中京大学のカメラにも快く笑顔を見せた。

 対応を終えると、拍手を浴びながら退席。謙虚な宇野らしく、花束を抱えたまま腰を低く落とし、何度もぺこぺこと頭を下げ、お辞儀を繰り返すようにして扉の向こうに消えていった。

■宇野昌磨(うの・しょうま)

 1997年12月17日、愛知・名古屋出身の26歳。5歳からスケートを始め、2015年世界ジュニア選手権で金メダルを獲得するなど頭角を現した。16年には全日本選手権で初優勝を果たし、羽生結弦らと日本フィギュア界を長年牽引。五輪では18年平昌で銀、22年北京で銅メダルを獲得。22年、23年には世界選手権を連覇した。日本選手権は4連覇を含む歴代2位タイの優勝6度。五輪以外の主要国際大会を全制覇する「生涯グランドスラム」も達成している。4回転フリップの世界初成功者。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集