[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨が引退会見「凄く前向きな気持ち」 プロ転向表明、晴れやかな表情で「悲しい気持ちはない」

フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)が14日、都内で競技者としての引退会見を行った。男子シングルで平昌五輪銀、北京五輪銅と2大会連続メダルを獲得。世界選手権も連覇するなど、長らく日本男子を牽引してきた26歳が、21年間の競技生活に別れを告げ、プロ転向を表明した。

晴れやかな表情で引退会見をする宇野昌磨【写真:矢口亨】
晴れやかな表情で引退会見をする宇野昌磨【写真:矢口亨】

都内で引退会見

 フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)が14日、都内で競技者としての引退会見を行った。男子シングルで平昌五輪銀、北京五輪銅と2大会連続メダルを獲得。世界選手権も連覇するなど、長らく日本男子を牽引してきた26歳が、21年間の競技生活に別れを告げ、プロ転向を表明した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 会見には報道陣約120人、テレビカメラ約20台が集結。開始1時間以上前から宇野の言葉を聞くため列を作っていた。拍手を受けながら黒のスーツ姿で登場。「よろしくお願いします」と笑顔で挨拶し、トヨタイムズスポーツキャスターの森田京之介氏とトークセッション形式で心境を述べた。

「この度、私は現役フィギュアスケート選手を引退することとなりました。今日まで応援してくださった皆さんに感謝していますし、プロとしてですけれどもスケートという道を続けていくことに変わりはないです。

 まずこの場に入った時、よくお世話になっている方々もたくさんいる。その方々が笑顔で嬉しかったですし、これだけのたくさんの方が集まってくれて、自分の道が表れているような気がしますし、これだけのたくさんの方に支えられてきたんだと実感します」

 多くの報道陣に感謝した宇野。引退発表後に大きな反響があったが、「SNSには疎い方ですが、たくさんのメッセージ有難く受け取っていますし、引退という場をあまり悲しいというより、凄く前向きな気持ちで、これからもスケートを続けていくという意味で悲しいという気持ちはない。悲しいと思っていただける声は嬉しいですけれども、次に向かって頑張っていくということ」と晴れやかな表情で明かした。

 宇野は昨年12月の全日本選手権で6度目の優勝。「競技人生に悔いを残したくない」と強い思いも口にしていた。テーマの一つに表現力を掲げる一方、イリア・マリニンら4回転ジャンプを武器にする猛者の存在から「競技者として戦いたいと思った以上、必要」とジャンプの重要性とも向き合った。

 3連覇を目指した今年3月の世界選手権ではショートプログラム(SP)1位ながら、フリーで転倒もあり総合4位。今月9日には自身のインスタグラムで「この度、現役選手を引退する決断を致しました」「素晴らしい競技生活を送れたことにとても感謝しております」などと報告していた。この夏以降は複数のアイスショー出演が予定されている。

■宇野昌磨(うの・しょうま)

 1997年12月17日、愛知・名古屋出身の26歳。5歳からスケートを始め、2015年世界ジュニア選手権で金メダルを獲得するなど頭角を現した。16年には全日本選手権で初優勝を果たし、羽生結弦らと日本フィギュア界を長年牽引。五輪では18年平昌で銀、22年北京で銅メダルを獲得。22年、23年には世界選手権を連覇した。日本選手権は4連覇を含む歴代2位タイの優勝6度。五輪以外の主要国際大会を全制覇する「生涯グランドスラム」も達成している。4回転フリップの世界初成功者。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集