[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリの“控え”だった37歳元世界王者 陣営は井上尚弥戦待望「日本はホームと感じる唯一の場所」

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)戦をネリの“控え”だった37歳元世界王者陣営が待望している。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

TJ・ドヘニー【写真:Getty Images】
TJ・ドヘニー【写真:Getty Images】

井上―ネリ戦のリザーバー務めたTJ・ドヘニー

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)戦をネリの“控え”だった37歳元世界王者陣営が待望している。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

「ボクシングシーン.com」は「ドヘニーはイノウエからの対戦呼びかけを望みつつ、日本での神秘的な肩書きを受け入れる」との見出しで記事を掲載。6日に東京ドームで行われた興行で、井上―ルイス・ネリ戦のリザーバーを務めた元IBF世界スーパーバンタム級王者TJ・ドヘニー(アイルランド)のマネージャーを務めるマイク・アルタムラ氏のコメントを掲載した。

 アルタムラ氏は「彼が東京の街を歩いていると、ファンが『あ、TJ・ドヘニーだ』って指をさして近寄ってきて、写真やサインを求めてくるんだ」と来日で見た光景を驚きまじりに証言。「それで『これはホームにいるみたいだ。戦ってきた中でホームだと感じられる唯一の場所だね』とTJは言っていたよ」とドヘニーもご満悦だったことを明かしていた。

 ドヘニーは2018年、当時IBF世界スーパーバンタム級王者だった岩佐亮佑に日本で挑戦し判定勝利。王座を掴むと、翌年には同10位の高橋竜平にTKO勝ち。同年に王座から陥落すると、2023年に来日し、中嶋一輝に4回TKO勝ちした。同年には、井上のスパーリングパートナーを務めたこともあるジャフェスリー・ラミドと日本で対戦し1回TKO勝ちした。6日の興行では前座でブリル・バヨゴスに4回KO勝ち。日本での試合経験が豊富だ。

 記事では「日本では一部から『日本人殺し』と呼ばれている」「イノウエからの対戦呼びかけがくることを願っている」とドヘニーを紹介。アルタムラ氏は「(日本人殺しという)神秘的な肩書を、ドヘニーは間違いなく歓迎するだろうね」と自信を見せていた。

 井上は6日の試合後、リング上で「次戦、9月ごろ、サム・グッドマンと防衛戦をこれから交渉したい」とコメント。リングに上がったWBO&IBFスーパーバンタム級1位のグッドマンも「自分もベルトが欲しくてここまでやってきた。絶対やりましょう」と前向きだった。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集