[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「井上尚弥の現階級唯一の真の戦いだ!」 英大物プロモーターが推す今後の対戦相手は強打自慢

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が迎え撃つ次戦の相手が注目されている。WBO&IBF1位サム・グッドマン(オーストラリア)が有力視されているが、英大物プロモーターは「スーパーバンタム級で唯一の真の戦いだ!」と別の選手を推薦した。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

気になる井上尚弥の今後の対戦相手

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が迎え撃つ次戦の相手が注目されている。WBO&IBF1位サム・グッドマン(オーストラリア)が有力視されているが、英大物プロモーターは「スーパーバンタム級で唯一の真の戦いだ!」と別の選手を推薦した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 井上は6日にルイス・ネリ(メキシコ)を6回TKOで撃破。試合後はグッドマンをリングに上げ、9月頃の次戦に向け「防衛戦をこれから交渉したい」と明かしていた。対戦相手は引く手あまたの状況だが、ウズベキスタンのスポーツサイト「SPORTS.uz」のジャロル・アフメドフ記者はXに画像付きでこう記した。

「グッドマンとリングで対面したことと、ナオヤ・イノウエの意思により、彼が次に戦うのはMJではないようだ。そこで、MJは米国でトレーニングキャンプを開始し、すでに秋に予定している次戦について考えて始めている」

 MJとはムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)。昨年4月にマーロン・タパレス(フィリピン)に敗れるまでWBA&IBFの統一王者だった。かねて井上との対戦を望んでいる強打の持ち主。アフメドフ記者の投稿に反応したのは、英興行大手・マッチルーム社のエディー・ハーンプロモーターだ。「122ポンド(スーパーバンタム級)でのイノウエにとって、これが唯一の真の戦いだ!」とアピールした。

 東京D興行で4万3000人を熱狂させたばかりだが、早くも次戦が注目されている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集