[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に挑戦状、現役フェザー級王者「待ってるぜ」 陣営は大口「KO可能。自宅を賭けてもいい」

世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は6日、元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。9日(日本時間10日)には世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で1位に返り咲いた。注目を集めるモンスターに、1階級上の王者から“挑戦状”が届いた。陣営は「KO出来る。ロペスの勝利に自宅を賭けてもいいよ」などと大口を叩いているという。

井上尚弥【写真:浜田洋平】
井上尚弥【写真:浜田洋平】

IBF世界フェザー級王者から“挑戦状”

 世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は6日、元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。9日(日本時間10日)には世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で1位に返り咲いた。注目を集めるモンスターに、1階級上の王者から“挑戦状”が届いた。陣営は「KO出来る。ロペスの勝利に自宅を賭けてもいいよ」などと大口を叩いているという。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ルイス・ロペスがフェザー級でナオヤ・イノウエを待つ」との見出しで記事を掲載した。IBF世界フェザー級王者のルイス・アルベルト・ロペス(メキシコ)が、SNSを通じて「心の内を世界に向けて明かした」と伝えている。

 プロ通算30勝(17KO)2敗のロペス。今年3月には阿部麗也を相手に8回TKO勝ちを収め、3度目の防衛に成功している。SNSでは「ナオヤ・イノウエが126ポンド(フェザー級)に上がってくるまで、俺はここで待っているぜ」と投稿したという。

 井上の1階級上のロペス。記事ではマネージャーのヘクター・フェルナンデス氏のコメントも伝えられており「ロペスはイノウエをKO出来ると思う。ロペスの勝利に自宅を賭けてもいいよ」とまで豪語しているという。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集