[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥がまた快挙「リング誌のPFP1に返り咲きました」 2年ぶり現役世界最強ランク1位浮上に感謝

世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は9日(日本時間10日)、階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版を公表し、世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は1位に浮上。階級を超えた世界最強ランクで約2年ぶりに再び頂点に立った。

井上尚弥【写真:荒川祐史】
井上尚弥【写真:荒川祐史】

世界で最も権威あるリング誌が最新PFPを発表

 世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は9日(日本時間10日)、階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版を公表し、世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)は1位に浮上。階級を超えた世界最強ランクで約2年ぶりに再び頂点に立った。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 これを受け、井上は自身のXで「リング誌のPFP1に返り咲きました 皆さんの応援のおかげです!! いつも応援ありがとうございます」と感謝した。

 井上は6日に元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。34年ぶりの東京Dボクシング興行で初回に試合では人生初ダウンを喫しながら3度のダウンを奪い返す衝撃的な勝利を飾り、4万3000人の観衆を熱狂させていた。

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。海外メディアが各自で格付けしているが、リング誌のPFPが世界で最も価値がある指標とされている。2022年6月、井上はリング誌のPFPで日本人初の1位になる快挙を達成。同8月に2位に後退し、トップ返り咲きが期待されていた。

 これまで首位だったテレンス・クロフォード(米国)が2位に下がり、3位はオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)。日本人選手では10位にWBC世界バンタム級王者の中谷潤人(M.T)が入った。

1位 井上尚弥(日本)
2位 テレンス・クロフォード(米国)
3位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
4位 サウル・アルバレス(メキシコ)
5位 アルツール・ベテルビエフ(ロシア)
6位 ドミトリー・ビボル(ロシア)
7位 エロール・スペンスJr.(米国)
8位 ガーボンタ・デービス(米国)
9位 ジェシー・ロドリゲス(米国)
10位 中谷潤人(日本)

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集