[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、最強ロマチェンコを超えていた事実 海外驚き「伝説だ!」「イノウエは特別な男だよ」

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)の“事実”に海外から改めて驚きの声が上がっている。6日に東京ドームで元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。海外専門メディアが元世界3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を引き合いに出して称賛すると、海外ファンから「スペシャルな男」と反響が集まっている。

井上尚弥【写真:浜田洋平】
井上尚弥【写真:浜田洋平】

井上尚弥の王座保持期間に海外メディア注目

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)の“事実”に海外から改めて驚きの声が上がっている。6日に東京ドームで元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。海外専門メディアが元世界3階級制覇王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を引き合いに出して称賛すると、海外ファンから「スペシャルな男」と反響が集まっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 3度のダウンを奪う逆転TKOで世界に強さを誇示し、4万3000人を熱狂させた井上。4団体統一王座の防衛に成功し、アジアのボクシングシーンにフォーカスした海外専門メディア「アジアン・ボクシング」公式Xはこんな投稿をした。

「イノウエはロマチェンコの前に世界王者になった。そして、ロマチェンコが2度目の王座防衛を果たす前にイノウエは世界2階級制覇した……。11年経った今も世界王者のままだ」(原文まま)

 ロマチェンコはアマチュア時代に北京、ロンドンで五輪2大会連続金メダルを獲得し、2013年にプロ転向。14年6月、プロ3戦目でWBO世界フェザー級王者になった。この2か月前の同年4月に井上はプロ6戦目でWBC世界ライトフライ級王座を獲得。同年12月にはWBO世界スーパーフライ級王座を奪った。

 ロマチェンコが2度目の防衛戦を行ったのは15年5月。20年10月にライト級3団体統一王座から陥落以降、世界王座を手にしていない。

 この投稿には海外ファンも反応。「2人ともレジェンドだ!」「ロマにはイノウエのようなパワーと緊迫感がない」「ロマは多くを成し遂げたけど、KOのためにアクセル全開にしたことはないよね」「2人の対決見てみたいな」「イノウエはスペシャルな男だよ」と驚きの声などが集まっている。

 ロマチェンコは今月12日、ジョージ・カンボソスJr.とのIBF世界ライト級王座決定戦に臨む。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集