[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、元世界最強と比較した圧巻3連発に海外衝撃 「2人とも似ている」「イノウエが席巻」

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が生んだKOシーンの衝撃が広がっている。6日に東京ドームで元世界2階級制覇王者ルイス・ネリに6回1分22秒TKO勝ち。最後は圧巻の3連打で決めた。WBCはカネロことサウル・アルバレス(ともにメキシコ)のKOシーンと比較。海外ファンは「2人とも似ている」「イノウエはボクシング界を席巻する」と反応した。

ネリにパンチを放つ井上尚弥【写真:荒川祐史】
ネリにパンチを放つ井上尚弥【写真:荒川祐史】

井上尚弥&カネロのKOシーンを比較

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が生んだKOシーンの衝撃が広がっている。6日に東京ドームで元世界2階級制覇王者ルイス・ネリに6回1分22秒TKO勝ち。最後は圧巻の3連打で決めた。WBCはカネロことサウル・アルバレス(ともにメキシコ)のKOシーンと比較。海外ファンは「2人とも似ている」「イノウエはボクシング界を席巻する」と反応した。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 井上の異次元のコンビネーションだった。6回1分過ぎ、ロープにネリを追い込むと、左ジャブ、右アッパー、右フックの3連打。ネリの頭は後ろにふっ飛び、そのままロープに体を打ちつけた。衝撃TKOで防衛成功。比較されたのがかつてのパウンド・フォー・パウンド王者のカネロだった。

 世界スーパーミドル級4団体統一王者のカネロは4日(日本時間5日)に元WBO世界スーパーウェルター級王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)と対戦。4回に接近戦から左フック、右アッパー、左ボディーを叩き込んだ。アッパーの時点で相手の頭が揺れ、崩れ落ちる。3-0の判定勝ちを決めた。

 2人の戦慄ダウン動画をWBC公式インスタグラムが公開。「どちらが優れているか比べている人たちよ、落ち着け。彼らはどちらも優れていて、たまたま打ち始めが似た形だっただけだ」と紹介すると、海外ファンからは衝撃を受けた様子のコメントが寄せられた。

「イノウエのコンボ好きだ」
「2人とも凄いな」
「最高級の選手たちだ」
「イノウエの右2発ね」
「カネロはいつもこのコンビネーション練習してるよね」
「イノウエはボクシング界を席巻する」
「イノウエとカネロが最高潮の時は2人とも似ていると思う」

 井上はネリ撃破のシーンについて、7日の一夜明け会見で「手応えはありましたよ。アッパーと、ストレートとフックの中間の一番力が乗るパンチ」と説明していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集