[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ネリ撃破から一夜明け会見 初回ダウン、顔に珍しくアザも「全て想定内」「歴史に残るいい日に」

ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、4団体防衛から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜は34年ぶりの東京Dボクシング興行で指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。初回に試合では人生初ダウンを喫しながら3度奪い返して逆転勝ちし、4万3000人の観衆を熱狂させた。

一夜明け会見に登場した井上尚弥。珍しくアザも【写真:浜田洋平】
一夜明け会見に登場した井上尚弥。珍しくアザも【写真:浜田洋平】

衝撃の逆転TKOから一夜明け会見

 ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、4団体防衛から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜は34年ぶりの東京Dボクシング興行で指名挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)に6回1分22秒TKO勝ち。初回に試合では人生初ダウンを喫しながら3度奪い返して逆転勝ちし、4万3000人の観衆を熱狂させた。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 井上は珍しく少しアザのできた顔で会見した。「昨日、無事にドーム決戦が終了し、映像も見直した。初回のダウンを含め、6回をしっかり見ました。内容的にも満足。凄くいい試合でした。陣営の方々は凄くヒヤヒヤしたと思うけど、ああいう試合は4万人のお客様全てが満足していただいたと思う。自分自身歴史に残るいい日になりました」と話した。

 改めてネリの実力を問われると「全て想定内」と断言。「一つ挙げるなら、もっとパワーがあるのかなと。初回のダウンは死角からで見えなかった。誤算があるとすればそこの角度調整。そこだけですね。やりにくさ、やりやすさを踏まえても一番手ごわいとは言えないのかなと。戦う前から隙が凄く多いなと。その通りのイメージでしたね」。初回に試合では人生初ダウンを喫したが、驚きは少なかったようだ。

 試合後は興奮状態だった。「東京ドームの試合だし、初のダウンですし。あのダウンが悔しいというより、ああいう出来事がハイテンションにした」。インターバル中には冷静に、どのパンチを被弾したかを確認。「帰って見直す前にインプットできていた。あの注目度で東京ドームの試合という意味も全て含めていい試合だった」と振り返った。

 初回のダウンについては「硬さもあったし、気負いもあったし、あのダウンで本来のボクシングができた。まずはネリを勢いづかせない作戦」とコメント。6回のフィニッシュに関しては「手応えはありましたよ。アッパーとストレートと右フックの中間。一番力が乗る」と表現した。

 前夜は初回に井上が左アッパーを放った後、ネリの左フックが井上の顎に着弾。試合ではまさかの人生初ダウンを奪われた。再開後はロープに詰められたが、2回に左フックでダウンを奪い返し、5回にもロープ際から左フックで2度目のダウン奪取。6回、右アッパーからの右フックで3度目のダウンを奪い、見事な逆転TKO勝ちを収めた。ドーピング騒動と体重超過で過去に日本と因縁のあったネリを退けた。

 東京Dのボクシング興行は、1990年マイク・タイソン―ジェームス・ダグラス戦以来34年ぶり。井上は日本人で初めてメインイベントを務めた。試合後のリングでは、18勝(8KO)の25歳、WBO&IBF世界同級1位サム・グッドマン(オーストラリア)と交渉すると明言。9月頃の対戦を希望していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集