[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の離れたバンタム級、日本人4人で「4団体独占」が話題 手放した全てが「また日本に集まった」

ボクシングのWBO世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、世界初挑戦の同級5位・武居由樹(大橋)が王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に3-0の判定勝ち(116-111×2、117-110)した。井上尚弥(大橋)が4団体統一し、手放したベルトは4本とも日本人選手が手にすることに。ネット上でも「これはエモい」「また日本に集まった」などと話題になっていた。

WBO世界バンタム級、ジェイソン・マロニーに判定勝ちした武居由樹【写真:荒川祐史】
WBO世界バンタム級、ジェイソン・マロニーに判定勝ちした武居由樹【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBO世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、世界初挑戦の同級5位・武居由樹(大橋)が王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に3-0の判定勝ち(116-111×2、117-110)した。井上尚弥(大橋)が4団体統一し、手放したベルトは4本とも日本人選手が手にすることに。ネット上でも「これはエモい」「また日本に集まった」などと話題になっていた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 武居がかつて井上と激闘を演じたマロニーに3-0で判定勝ち。涙も見せた。リングインタビューでは「こんにちは、足立区から来た武居が東京ドームで世界チャンピオンになりました!」と声を震わせ、「12ラウンド結構きつくて、KOで勝ちたかったけれど、マロニー選手が強いって分かってから必死に練習できた。マロニー選手のおかげで強くなれた。ありがとうございました」と相手にも感謝した。

 井上尚弥がバンタム級4団体統一を果たしたのは2022年の12月。スーパーバンタム級転向に伴い、4本のベルトは23年1月に返上された。それから1年4か月。この日、井上の弟のWBA世界バンタム級王者・拓真(大橋)が判定勝ちで防衛に成功。WBC王座には中谷潤人(M.T)が君臨し、4日には西田凌佑(六島)がエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に判定勝ちでIBF王座を奪取した。武居の勝利で、全4つのベルトを日本人が独占する快挙となった。

 X上でも「僅か1年半で全て日本に戻ってきた」「また日本に4本集まった」「井上尚弥選手が1階級4本のベルトを独占していたのも凄いけど、1階級4人のチャンピオンが全員日本人という事態もまた素晴らしい」「リリースした4本のベルトを4人の日本人がそれぞれチャンピオンとなって君臨するとは」「これはエモい」「井上尚弥が手放した4団体のベルトを日本人が4本戻す」などと反応するファンが多数いた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集