[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

武居由樹が涙「世界チャンピオンになりました!」 尚弥とも激闘の王者マロニー撃破、日本人がバンタム級ベルト4つ独占の快挙

ボクシングのWBO世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、世界初挑戦の同級5位・武居由樹(大橋)が王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に3-0の判定勝ち(116-111×2、117-110)した。武居は日本人初のK-1とボクシングでの世界王者が懸かった一戦。マロニーは2度目の防衛戦だった。戦績は27歳の武居が9勝(8KO)、33歳のマロニーが27勝(19KO)3敗。

WBO世界バンタム級、判定勝ちに感極まる武居由樹【写真:荒川祐史】
WBO世界バンタム級、判定勝ちに感極まる武居由樹【写真:荒川祐史】

Amazon プライム・ビデオで独占生配信

 ボクシングのWBO世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が6日、東京ドームで行われ、世界初挑戦の同級5位・武居由樹(大橋)が王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に3-0の判定勝ち(116-111×2、117-110)した。武居は日本人初のK-1とボクシングでの世界王者が懸かった一戦。マロニーは2度目の防衛戦だった。戦績は27歳の武居が9勝(8KO)、33歳のマロニーが27勝(19KO)3敗。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 日本の期待が注がれた。この試合から世界的リングアナウンサーのジミー・レノンJr.氏が担当。国歌斉唱も行われ、ドームが荘厳な空気に包まれた。大熱狂の中で鳴った初回のゴング。サウスポーの武居は慎重な立ち上がりをみせたが、2回はローブローで減点を取られた。それでも3回に左ボディーストレートで効かせる場面も。変則的な挑戦者に王者マロニーはなかなか前に出られなかった。

 4回以降も武居が攻勢を強めていった。6回終了間際には左ボディー、右フックのコンビネーションが綺麗に着弾。しかし8回、右ショートを受けてよろめき、たまらずクリンチした。息を吹き返した王者は的確なパンチで削っていく。武居は終盤に盛り返し、最終12回は「武居!」コール。明らかに効かされ、滅多打ちにあった。レフェリーが今にも割って入ろうかというところ、本能で耐えきり、終了のゴングが鳴った。

 判定は3-0で武居の勝利。涙も見せた。リングインタビューでは「こんにちは、足立区から来た武居が東京ドームで世界チャンピオンになりました!」と声を震わせ、「12ラウンド結構きつくて、KOで勝ちたかったけれど、マロニー選手が強いって分かってから必死に練習できた。マロニー選手のおかげで強くなれた。ありがとうございました」と相手にも感謝した。

 これまでK-1とボクシングで世界王者になった日本人はいない。武居は、2017年5月にWBC世界フライ級王座に就いた比嘉大吾(13試合)以来、日本人2人目の「デビュー全勝全KOで世界戴冠」の快挙が懸かっていた。

 武居は、育ての父として慕う格闘技ジム「POWER OF DREAM」の古川誠一会長と二人三脚でK-1世界王者に。大橋ジムでボクシング転向後は、元世界3階級制覇王者・八重樫東トレーナーに師事。2021年3月にボクシングデビューすると、8勝(8KO)のパーフェクトレコードで世界戦にたどり着いた。

 王者マロニーは20年10月に米ラスベガスで井上尚弥(大橋)に世界挑戦し、7回KO負け。21年8月に再起すると、井上が返上したWBO世界バンタム級王座を23年5月に獲得した。今年1月に初防衛成功。世界的モンスターに敗れたとはいえ、ハイレベルな技術を持つ再起後6連勝中の実力者だった。

 メインイベントは、世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)の歴史的一戦。34年ぶりに東京Dでボクシング興行が開催された。

 この日は、井上の弟のWBA世界バンタム級王者・拓真(大橋)が同級1位・石田匠(井岡)に判定勝ち。WBC王座には中谷潤人(M.T)が君臨し、4日には西田凌佑(六島)がエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に判定勝ちでIBF王座を奪取した。武居の勝利で、全4つのベルトを日本人が独占する快挙となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集