[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山下美夢有、日韓女王対決で一時逆転も…後半4ボギーで4位「悔しい」「刺激になった」

女子ゴルフの国内ツアーメジャー大会・ワールドレディスサロンパス杯は5日、茨城GC東C(6665ヤード、パー72)で最終日が行われた。2位から出た2年連続年間女王の山下美夢有(加賀電子)は3バーディー、5ボギーの74で回って通算5アンダーとし、4位で終えた。2023年韓国賞金女王で首位スタートのイ・イェウォン(韓国)を一時逆転。単独首位に立ったが、後半の12番パー4から4つのボギーで順位を落とし、優勝を15歳176日の韓国アマ女王、リ・ヒョソンに奪われた。

最終日をプレーする山下美夢有【写真:Getty Images】
最終日をプレーする山下美夢有【写真:Getty Images】

ワールドレディスサロンパス杯最終日

 女子ゴルフの国内ツアーメジャー大会・ワールドレディスサロンパス杯は5日、茨城GC東C(6665ヤード、パー72)で最終日が行われた。2位から出た2年連続年間女王の山下美夢有(加賀電子)は3バーディー、5ボギーの74で回って通算5アンダーとし、4位で終えた。2023年韓国賞金女王で首位スタートのイ・イェウォン(韓国)を一時逆転。単独首位に立ったが、後半の12番パー4から4つのボギーで順位を落とし、優勝を15歳176日の韓国アマ女王、リ・ヒョソンに奪われた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 首位と2打差で迎えた最終18番パー5。入れるしかなかった第3打は、無情にもグリーンをオーバーした。奇跡は起こらなかった。

「前半は良かったんですけど、後半はなかなかうまくいかずに悔しいです。最初のロング(15番)でボギーにしてしまったことと、17番(パー3)の3パットがこの4日間で一番悔しいです」

 スタート前は、イェウォンとの日韓女王対決が注目されていた。1番パー5でイェウォンがバーディーを奪って4打差にされたが、9番パー5で追いつき、10番パー4で逆転に成功した。だが、その後はさらに硬く、速くなったグリーンと強い風に苦戦。女王らしからぬ自滅となった。

「イェウォンのプレーはすごいと思いましたし、とても刺激になりました。(ヒョソンが)15歳のアマチュアで勝ったこともすごいと思います。私は最終日に伸ばせなかったことが悔しいです」

 山下は現在、世界ランキング28位。6月24日時点で日本人の上位2位に入れば、パリ五輪出場資格を得られる。現在は畑岡奈紗(18位)、古江彩佳(23位)を追いかける立場だ。今回、国内メジャー大会4位はプラスポイントだが、優勝を逃した事実も大きい。それも踏まえて山下は言った。

「言うても、(締め切り期限が)もうすぐだと思うので、残り試合でベストを尽くしていきます」

 淡々とした口調だったが、この悔しさと反省を胸にまずは今季初優勝を目指す。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集