[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャッジ猛抗議、30年ぶり不名誉退場に疑問の声続出「あんなに優しい人が」「馬鹿げてる」

米大リーグ、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が4日(日本時間5日)、本拠地ヤンキースタジアムで行われたタイガース戦で自身初の退場処分を受けた。米メディアはヤンキースの主将として30年ぶりの退場であると伝え、米ファンからは「リーグ最高のナイスガイを追い出すとは」と驚きのコメントが多数集まっている。

球審への抗議で退場処分となったヤンキースのジャッジ【写真:ロイター】
球審への抗議で退場処分となったヤンキースのジャッジ【写真:ロイター】

ヤンキースの主将として1994年のマッティングリー以来の退場

 米大リーグ、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が4日(日本時間5日)、本拠地ヤンキースタジアムで行われたタイガース戦で自身初の退場処分を受けた。米メディアはヤンキースの主将として30年ぶりの退場であると伝え、米ファンからは「リーグ最高のナイスガイを追い出すとは」と驚きのコメントが多数集まっている。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 今季は打率.209と低迷するジャッジが、意外な行動を見せた。5-3とリードして迎えた7回1死、ジャッジはフルカウントから左腕ホルトンが外角低めに投じたボールを自信たっぷりに見送った。ただ球審はストライクと判定し三振。意外な判定だったのか、一塁に歩きかけたジャッジはコールを聞くと球審に向き直って声を荒げた。

 さらに背中を向けベンチへ戻りかけたジャッジに、球審は退場を宣告。これにはジャッジも打席付近へ戻りさらに抗議。アーロン・ブーン監督も駆けつけた。

 紳士で温厚な性格で知られるジャッジにしては珍しい。米ヤンキース専門メディア「トーキン・ヤンクス」はX(旧ツイッター)で、ジャッジが初めて受ける退場処分であること、さらにヤンキースの主将としては1994年5月13日のドン・マッティングリー以来の退場となることを紹介。米国のファンからは次々と、驚きのコメントが寄せられた。

「リーグ最高のナイスガイを追い出すとは」
「あんなに優しい人が?」
「誰か、アーロンが審判に言った言葉を正確にリピートしてくれる?」
「A.ロッドには絶対になれない」
「笑えるね。しかも彼のミスじゃないのに」
「これまで見てきた退場の中で最も馬鹿げてる」

 さらに「1994年に何があったか、誰か知ってる?」という声も。このシーズン、ヤンキースはア・リーグ東地区で独走しながら、選手会のストライキによりポストシーズンが中止となっている。今季はどんな結末が待っているだろうか。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集