[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ元世界1位も唸った日本の21歳 佐久間朱莉が「最近覚えた」高等テクで上位キープ

女子ゴルフの国内ツアーメジャー大会・ワールドレディスサロンパス杯は3日、茨城GC東C(6665ヤード、パー72)で第2日が行われた。首位で出た佐久間朱莉(大東建託)は3バーディー、3ボギーの72で回って通算5アンダー。暫定首位でホールアウトした。前日よりも硬く速くなったグリーン対策で、ハイフェードのボールを意識して打っていた。最近、マスターした高等技術。今季2度の優勝争いを演じてきた21歳が、新技も生かして悲願のツアー初優勝とメジャー制覇を掴みにいく。

佐久間朱莉【写真:Getty Images】
佐久間朱莉【写真:Getty Images】

ワールドレディスサロンパス杯第2日

 女子ゴルフの国内ツアーメジャー大会・ワールドレディスサロンパス杯は3日、茨城GC東C(6665ヤード、パー72)で第2日が行われた。首位で出た佐久間朱莉(大東建託)は3バーディー、3ボギーの72で回って通算5アンダー。暫定首位でホールアウトした。前日よりも硬く速くなったグリーン対策で、ハイフェードのボールを意識して打っていた。最近、マスターした高等技術。今季2度の優勝争いを演じてきた21歳が、新技も生かして悲願のツアー初優勝とメジャー制覇を掴みにいく。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 佐久間のテクニックは、元世界ランク1位の申ジエを唸らせていた。

「一緒に回った佐久間さんの高いフェードでボールを止める技を見て、自分もやってみたいと思いました。すごいです」

 その言葉を伝え聞いた佐久間は「最近、自分で何となくやって覚えました」と笑顔で話し、打ち方と狙いを説明した。

「ハンドレイト(手首をクラブヘッドの後ろにする)で打っています。これまではそれを使わなくてもボールがグリーンで止まったので使っていませんでしたが、今週は使わないと止まらないので、今朝の練習でも10球ほど打って感覚をつかんでいました」

 硬いグリーンでボールを止めるには、カット気味に球をとらえるフェードが有効になる。そして、弾道を高くすればさらに効果が出る。佐久間はその技を今季メジャー初戦で使うために調整していた。

「今週は1日(1ラウンドで)3、4回はやっています。8番(パー4)では(第2打で)それを使いました。右の木がせり出していましたが、『高い球のフェードを打って風に当てたら止まるかな』と思ったら、ボールがピンの2メートルぐらいについてバーディーを獲れました。(第2打で)使ったクラブは5番ユーティリティーです」

 佐久間は2021年6月に行われた最終プロテストにトップ合格。ショットメーカーぶりには定評があったが、人知れず新たな技をマスターしていた。今季は出場9試合中4度のトップ10入り。4月は富士フイルム・スタジオアリス女子オープンで最終日首位スタートながら2位。前週のパナソニックオープンレディースでも最終日を首位で迎えたが、競り負けてしまった。

「1日も早くリベンジしたいです。今週は毎日、赤字(アンダー)で回ることが目標だったので、今日は17番のパーパットと18番のバーディーパットを入れたかったです」

 残り2日。佐久間は「1日1日を頑張るだけです。明日は気持ちを切り替えて、赤字で回りたいです」と言った。ツアー初優勝を逃した2試合は伸ばし合いだったが、今週は耐え忍ぶ“我慢大会”。「もともとはそういう方が好き」と話す佐久間が、心技体を充実させて悲願達成を目指す。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集