[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に敗戦「価値がある」 優等生王者が謙虚にV2宣言「日本のボクシング文化をリスペクト」

ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)が30日、5月6日に東京Dで行われる同級5位・武居由樹(大橋)との2度目の防衛戦に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。日本のファンにも人気の王者は終始優等生ぶりを発揮。丁寧な受け答えに終始した。戦績は33歳のマロニーが27勝(19KO)2敗、世界初挑戦で27歳の武居が8勝(8KO)。

都内の帝拳ジムで練習を公開したジェイソン・マロニー【写真:浜田洋平】
都内の帝拳ジムで練習を公開したジェイソン・マロニー【写真:浜田洋平】

武居由樹と防衛戦マロニーが練習公開

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)が30日、5月6日に東京Dで行われる同級5位・武居由樹(大橋)との2度目の防衛戦に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。日本のファンにも人気の王者は終始優等生ぶりを発揮。丁寧な受け答えに終始した。戦績は33歳のマロニーが27勝(19KO)2敗、世界初挑戦で27歳の武居が8勝(8KO)。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 マロニーは時折笑顔を見せながら心境を語った。

「日本はずっと試合をしたかった国です。キャリアの初めからボクシングカルチャーの素晴らしい国だとリスペクトしていました。今回は日本史上最大のイベントに参加できて感謝しています。キャリア最高の準備ができた。体調も体重も問題ありません。みんなにも自分にも記憶に残る試合にしたい。日本の方々が『また早く見たい』と思える試合にしたいです」

 世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)と元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)がメインイベントを務める歴史的興行に参戦。ネリは挑発的発言を繰り返す一方、マロニーは武居へのメッセージを求められ、「あとはいい試合をするだけだね」と健闘を誓った。

 20年10月に米ラスベガスで井上に世界挑戦し、7回KO負け。21年8月に再起すると、井上が返上したWBO世界バンタム級王座を昨年5月に獲得した。今年1月に初防衛成功。世界的モンスターに敗れたとはいえ、ハイレベルな実力を持つ再起後6連勝中の実力者だ。井上戦の衝撃的敗戦はキャリアの財産になっている。

「とても価値のある試合でした。成長に繋がった機会。パウンド・フォー・パウンドトップの選手と試合ができるのは大きなことです。今回、タケイ選手が同じジムにいることもいいこと。経験と強さを見せられるし、同じ興行に出るイノウエ選手にも勝ってほしいです」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集