[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今永昇太を「4月最高の新人」にMLB公式が選出 4勝&防御率0.98で絶賛「旋風を巻き起こした」

米大リーグ公式サイトは29日(日本時間30日)、開幕から1か月の間に驚くべき活躍を見せたチームや選手を特殊する記事を掲載した。この中で今季カブス入りした今永昇太投手が「MLBデビューを飾った最高の選手」として大活躍を称えられている。

カブスの今永昇太【写真:ロイター】
カブスの今永昇太【写真:ロイター】

開幕から1か月のまとめ、最高の新人として名前上がる

 米大リーグ公式サイトは29日(日本時間30日)、開幕から1か月の間に驚くべき活躍を見せたチームや選手を特殊する記事を掲載した。この中で今季カブス入りした今永昇太投手が「MLBデビューを飾った最高の選手」として大活躍を称えられている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 今永は昨年オフにポスティングシステムを利用し、4年5300万ドル(約83億円)という契約でカブス入り。4月1日のロッキーズ戦で初めてメジャーのマウンドに立った。先発して6回を2安打無失点、9奪三振という好投でメジャー初勝利を挙げると、7日のドジャース戦は雨天中断もあった影響から4回まで投げて降板。勝ち負けはつかなかったが2安打無失点だった。その後13日のマリナーズ戦、20日のマーリンズ戦、26日のレッドソックス戦と3連勝している。

「4月の野球の周りで起こった最高で、最もワイルドで、最も驚いた出来事」と題した記事は「MLBデビューを飾った最高の選手:カブスのショウタ・イマナガ」として今永の1か月を紹介。「日本での長いキャリアがあれば、大リーグへの準備をするのに助けになる。熱心なアプローチから“投球の哲学者”というあだ名がぴったりの、カブスの30歳左腕は、最初の1か月でリグレー・フィールドに旋風を巻き起こした」と称えた。

 さらに「5回の先発で、イマナガは27回2/3を投げて28奪三振、わずか3四球で4勝0敗、防御率0.98という成績を残した。怪我でローテーションが乱れていたカブスにとっても、間違いなくこれが必要だった」と、チームがナ・リーグ中地区で首位を走る原動力だとしている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集